<< やっと Joyeux annivers... >>

あの時代に、あの場所で

映画を観たりテアトルに出掛けたり、
写真集を眺めたり、
短い余暇でも、ヨーロッパの人達のようなヴァカンスをリゾートで楽しんで
みたり、、、

日々の生活そのものを楽しむ事、、、

人生初の社会人経験をした、
そんな事を沢山学ばせて貰った場所。

様々な事に長けている、薀蓄を語らせたら止まらない、遊びも仕事も同じように思い切り楽しむ、個性たっぷりの
上司や先輩に沢山出会った場所。

新入社員の私に、いきなり売場の企画を任せたり、と常に斬新で規定概念にとらわれない考え方が新鮮で、
楽しく仕事をさせてもらった場所。

その世界観を創り上げた、その人が
売場を訪れた当時のオーラを思い出す。

小説や詩を書いたりと感性豊かな
"その人"が亡くなった、と耳にして
感慨深く当時に思いを馳せる。

あの熱気、熱狂の時代は夢だったのかな。

堤オーナー、クラブメッドで優雅な永遠のヴァカンスですね。
ゆっくりとお休み下さい。

あの時代に、あの場所で学ばせて頂いた事、全部私の引き出しに入っています。
あの時代、あの場所に居る事が出来て良かったと思っています。

c0181947_19432764.jpg


人生で初めて頂いたお給料で自分に購入した、ウエッジウッドのティーカップ。
25年も使っているので、受け皿の端や持ち手のゴールドは剥げてしまいましたが、今でも私の一番のお気に入りの
カップです。

腕を全く動かさないで指をひねるだけでカップから口に紅茶を流し込める、
このカップほど優雅に紅茶を飲めるカップは無い機能の素晴らしさにも
感動した当時を思い出しました。

今日は少しノスタルジーに浸って。
[PR]
by 40ansparis | 2013-11-29 19:23 | ひとりごと murmure | Comments(23)
Commented by hairpriori at 2013-11-29 20:35
バブル謳歌した世代ですか・・
Commented by 40ansparis at 2013-11-29 20:43
hairprioriさん、そう、あの時代に居ましたね〜。私自身は謳歌したと言うよりは、売り側に居ましたから、凄い売れ方、売り上げ、買い方、、、、今では信じられない事を沢山体感しましたね。
Commented by whitelacenonyo at 2013-11-29 21:28
学生時代は反社会的、実業家になっても小説を書くという
異色の人でしたね。

バブル時代の寵児といえますかしら?
ご自分の運命に疑問を持ち続けた一種独特の人でしょうか、、
ティーカップ、物を大切にするラパンさん、だから魅力的なのですね。
Commented by marucox0326 at 2013-11-30 01:21
セゾングループといえば、まず思い出すのは
「おいしい生活」のキャッチコピー。

パルコや無印良品、当時はスーパーの中でも
おしゃれな西友で、日常の買い物をするのが楽しみでしたョ。
そして今もセゾンカード^^お世話になってます。
オシャレなイメージで一時代を築き、散っていった感があります。

作家としての氏は著作を拝読してないので
詳しくありませんが、「虹の岬」は映画で見ました。

ご冥福をお祈りします。
Commented by 40ansparis at 2013-11-30 06:48
whiteさん、やはり腹違いの義明氏や父親との関係上、反骨精神で頑張ってきた方ですから、、、。外見は穏やかそうな顔立ちですが、ナイフの様に切れるアタマ、、などと先輩の一人が言っていました。売場をチェックする目も鋭く、、確かにキレそうな雰囲気でしたよ、笑。
ティーカップに限らず、全く私はあの頃から好きな物が変わっていないので、今だに同じ物を使っていたりするのですよ。
Commented by 40ansparis at 2013-11-30 06:54
marucox0326さん、キャッチコピー、ポスター、、、いろいろ思い出します。
私の入社前の、会社説明会用のポスターのコピー、今だに忘れません。
ポスターに一言だけ、こう書いてありました。"リクルートスーツは着て来ないで下さい" 。コピーに終わらず、実際に注釈が小さく書いてあり、ご自分の好きなスタイルでいらして下さい。と言う事で、みんな思い思いの格好で沢山の学生が集まった会社説明会でした。個性を大事にする、あの当時の社風がそのまま様々な出来事に反映されていたのを感じましたよ。
Commented by kanafr at 2013-11-30 11:14
昔、渋谷西武の中2階にカプセルというブティックあって、当時新鋭デザイナーだった今から思えばそうそうたるメンバーの川久保玲さんや菊池武雄などの服があったコーナーがあり、憧れました。仕事をするようになってサンシャインのオフイスにもよくいきましたが、本当にあの頃の西武は、活気に満ちて日本を引っ張って行っている感がありましたね。堤さんのなさった事は、斬新で新しい時代が来ているというワクワク感を与えてくれました。渋谷の流れを大きく変えたのも堤さんでした。
心からご冥福をお祈り致します。
Commented by Cecile at 2013-11-30 14:22 x
まさに時代を駆け抜けていった方でしたね、堤氏。学生から社会に飛び出した時の楽しい衝撃と目からウロコの日々、懐かしく思い出しました。

Celebrate his life.
Commented by francana at 2013-11-30 16:13
そんなご縁があったのですね。
未だに鮮明に思い出せて、あそこにいられてよかったと思える・・・理想的ですね。ほんとうにかけがえのない時を過ごされたのでしょう。
そんな個性豊かな社風だったとはちっとも存じませんでした。イメージでは分からないものですね。
私が思い出すのはクマちゃんの「冬市」のCMです(笑)。
Commented by francana at 2013-11-30 17:02
(追記させてください~)
社風の話、私が知らなかっただけですよねきっと。未知の業界なのです・・・
人生を、生活をたのしむことを学べる場所って、日本では貴重だと思います。そんな場所で若い頃を過ごされたラパンさん、うらやましいです。
このティーカップもラパンさんの大切なパートナーですね。シンプルなものは飽きませんね。
Commented by 40ansparis at 2013-11-30 18:38
kanaさん、そうでしたね。西武はたまに見つけ出すのが早すぎて、新進気鋭のデザイナーを紹介しては失敗、少し後にブレイクして他で扱われて、、とかたくさんありました、笑。みんな知らないけれど、見つけて最初に取り上げたのは西武、と言うの、結構実はあるのですよ。
私は本や映画や文化的な事を融合して提案していくことが楽しかったですね。パリに来てからもちろん有名人の方の逝去のニュースは驚いたりしてきましたが、今回は本当に感慨深いものがありました。
Commented by 40ansparis at 2013-11-30 18:40
Cecileさん、私もです!あの頃は、毎日が新鮮でしたね〜。
自分でも、本当にスポンジにでもなったかのように、グングンと身体や心の中にいろいろな事が吸収されていったのを感じていました。
Commented by 40ansparis at 2013-11-30 18:45
francanaさん、未知の業界のことは私も全く分かりません。幸い、私はその後に縁があった会社でも、生活を楽しむことを学ばせて貰いました。そういった意味では仕事と生活の境目があるようで無い業界に居たのかもしれませんし、だから大変でも大変と思わずに長い間仕事を出来たのかもしれません。
Commented by francana at 2013-12-01 03:25 x
なるほどそうなのですね~
今のラパンさんと当時のラパンさんが、一本の線でつながっているのがいいなと思った次第です。(もちろん時には迷われたりもしたでかもしれませんが・・・)
本や映画を融合して提案・・・もしかすると客としてお世話になったことがあるかもしれませんね(笑)。
度々失礼しました!お返事はお気になさらずに。
Commented by 40ansparis at 2013-12-01 05:33
francanaさん、確かにあの当時からあまり変わっていないかもしれません。好きなスタイルや物も。当時が少し人より頭の中はませて居たのだと思います。今は自分相応になり、、、。
Commented by こすもす at 2013-12-01 20:19 x
わたしの行った逗子のイタリアンレストランの常連とききました。
時代を走った方でしたね。作家としても成功なさりすごくお元気でしたのに。ラパンさんとご縁がおありだったのですね。
ご冥福をいのります。
Commented by arare719 at 2013-12-01 21:42
業界No.1のアパレルの企画に従事したものでさえ西武は当時羨望の取引先であり、売り上げが巨大でも当時保守的であった私が在職していた企業は当時取引はなかったような気がします。真意は上層部のみ知るところですが、西武の強いポリシーは鮮明で揺るぎなかったのだと思います。
日本全体が一心に燃え良き仲間と参画し喜び泣いた時代を築き知る偉大な灯火がまたひとつ消えましたこと残念でなりません。
ご冥福をお祈り申し上げます。
Commented by 40ansparis at 2013-12-01 23:35
こすもすさん、そうですか〜。
縁と言っても巨大企業でしたから、私は単なる一社員に過ぎませんでしたが、それでも私にはとても影響を受けた、ベースとなった場所です。
Commented by 40ansparis at 2013-12-02 00:13
arare719さん、そうでしたか〜。
確かに、あんなに一丸となって売場を作り上げるあの頃のパワーが今となっては夢のようです。
その後、私も他の会社へ転職したりと変わりましたが、売り手側だけでなく作り手のスタンスもあの頃は強気でいけたり、とにかく勢いがあったように感じました。
時代とともに人々のファッションに対する価値観もかなり変わってきましたよね。
Commented by AKIKO at 2013-12-03 00:05 x
以前、Michel Petruccianiのお墓のことでコメントをしたことがある者です。あれからときどきおじゃましていました。そうですか、西武の卒業生の方なんですね。私もです。遠い昔のことですが、あの時代は戻って来ないですね。「時代、時の流れ」と言ってしまえばそれまでですが、日本を長くは離れていたせいか、特別の感情を今でも持っています。
Commented by 40ansparis at 2013-12-03 01:43
AKIKOさん、まあそうですか〜!同じ所の卒業で。
私は結局、仕事が楽しく頑張り過ぎたせいか、腰痛を患い4年で退社してしまいましたが、、、あの場所で、その後の転職先でも関わるほとんどの事柄を学ばせてもらい、柔軟に考えることを教えて貰った気がします。自分の可能性を引き出してくれた場所でもありましたね。
Commented by ihoko at 2013-12-04 14:04 x
セゾングループにいらしたんですね。あの頃、勢いありましたものね~。
ラバンさんとは(多分)同世代だと思うんですが、あの頃、東京という場所で、あの時代の空気。・・なんとなく感覚でわかります。誰もが何の疑いもなく、今日を信じていられたというか、華やかで、ちょっと浮ついた、日本なのに、無国籍のような感覚が身を包んでいた時代。私も、入社1年ちょっとで、新部署を任せてもらったんですが、年上の上司たちも勝負に出る事を怖がらない特殊な時代でしたよね。
その時代の先頭を切って、というより、そういう時代を作っていた方の一人でしたね、堤さんって・・

フォー~~。あぁ。食べたいわぁ~。
Commented by 40ansparis at 2013-12-04 17:40
ihokoさん、私は歯車のひとつなだけでしたけど、それでも私は、たくさんの影響を受けた場所です。
その後何処で仕事をする事になっても、頭の中に浮かぶベースとなっていましたね。
確かにあの頃のあの雰囲気は無国籍な感じも漂っていましたね。
あの時代の世界観を作っていた人達の頭がボーダレスで柔らか頭だったからではないでしょうか。
そちらは引き続き、ボン ヴァカンス〜ですね。
あー、羨まし〜。
<< やっと Joyeux annivers... >>