<< 身体が弱った時、、、 久しぶりの青空 >>

晴れ間に

虹が見えました!
c0181947_19285915.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2013-11-09 19:28 | パリの空 le ciel deParis | Comments(14)
Commented by whitelacenonyo at 2013-11-09 20:23
虹が見られるとなんだか幸せな気分になりますよね。

でも消えるのが早いから、、写真を撮るのは難しい、、わ
Commented by hairpriori at 2013-11-09 21:08
私は暮らしてた時も単発の旅行も全て冬だったんです・・
寒かったですがこれからのパリの景色が私の中のパリなんですよね・・
Commented by 40ansparis at 2013-11-09 22:10
whiteさん、前後が暗かっただけに、本当にちょっと心が和みました。
雲の動きなどのせいか、すぐに薄らいでしまうのですよね。
Commented by 40ansparis at 2013-11-09 22:12
hairprioriさん、そういう気持ち、分かります。私は旅行や出張はいろんな時期に来ていましたが、住み始めたのは10月だったので、このどんより暗い季節になると、住み始めた頃の自分の気持ちが蘇るんですよ。
Commented by akicosmosA at 2013-11-10 09:36
お忙しい日々から解放されましたか?お疲れさまでした。
季節の華やかなイベント事より何気ない普通の日々が幸せ・・。
本当の幸せって創りだすものよりほっとした瞬間に感じるものなのでしょうね。幸せって心の充足感にまさるものはないですもの。
エッフェルさん*恋しいわ~**
Commented by kanmyougam at 2013-11-10 09:42
虹が出ているとなんだかロマンチック。
パリでも狐のお嫁入りですか・・・・がありますか。
冬のパリは寒いし暗いのが定評なのですか。
Commented by yumibag at 2013-11-10 12:25
キレイ、、、いつもの景色にこんなキレイな虹   思わずニコッとしてしまいますね~
Commented by kanafr at 2013-11-10 13:06
子供の時から、今まで沢山虹を見てきたのに、空に虹が見えると思わず“アッ!虹”って声に出してしまうのは、なぜなんでしょう。
もしかして私だけなのかなあ。
虹ってやっぱり神様への架け橋見たいで、私も幸せな気分になります。
Commented by 40ansparis at 2013-11-10 17:49
こすもすさん、疲れたばかり言ってしまいますが、実はまだ序の口、始まったばかりなのです。これからまた正念場がやってくるのですが、たまにある、何でもない日が心底ホッとするのです。
エッフェルさん、また載せますね。
Commented by 40ansparis at 2013-11-10 17:53
kanmyougamさん、パリの冬は寒く暗く、が定評ですが、この時期だからこそイルミネーションが映えて、仰るようにロマンティックな時期でもあります。
虹は、フランスでは幸運のキーワードですよ。聖書のノエの方舟が原点のようです。
幸運や希望と言う意味合いで。狐の嫁入りは、日本ならではの創造性溢れる言い方ですよね。
Commented by 40ansparis at 2013-11-10 17:54
yumibagさん、本当にいつもの景色だったのですが、一瞬、日現実的でした。
雲が流れて一瞬で薄らいでしまったので、余計に見た一瞬が綺麗に感じましたよ。
Commented by 40ansparis at 2013-11-10 17:58
kanaさん、私も声出しました、笑。そしてすぐ撮って。何度見ても、やはり虹は巡り合わせで、雨の日に必ず見れる訳でもないですし、、だからこそ貴重に感じてしまいます。自然のマジックですよね。
激務直前に見たので、私をこうして励ましてくれているのね、と感じていました。
Commented by megmeg at 2013-11-10 22:26 x
とても綺麗な虹ですね!虹を見ると大人も子供も、ぱーっと表情が明るくなるものですね。あの神秘的な色合いや形に夢があるのかな、と思います。ぽわ~んととても幸せな気持ちになりました!
Commented by 40ansparis at 2013-11-11 01:40
megmegさん、光と空気が作り出す、天然の神秘ですよね。理論ではあの色合いになる理由など分かっても、やはり不思議で神秘的で見入ってしまいますよね。
見たのはほんの数分でしたが、私も幸せな気持ちになれました。
<< 身体が弱った時、、、 久しぶりの青空 >>