<< 夜のカフェ風景 秋の日の、、、 >>

上半期映画まとめ 2013

怒涛の下半期に入る前に、上半期のまとめを記録しておかなければ、、。

上半期は、フェリーニの映画から始まり、クラシックな映画はリマスターされた同じ映画を何度も観たりして
数よりも、質の意味で満足度が高かった。

以前すでに書いた、アラン ドゥロンの"太陽がいっぱい"も、3回も観てしまいました。

Hiroshima mon amourは、こちらも以前書きましたが、この映画で知った日本人俳優、岡田英治氏の品の良さ、
フランス映画の中でも負けない存在感があり、見入ってしまいました。
エマニュエル リヴァの声がまた、デュラスの文章にぴったりの声質。

大好きなシェルブールの雨傘は、、
ジャック ドゥミ監督の奥様 アニエス ヴァルダによるリマスターがハレーションを起こしたかのように、全体がパステルになり過ぎていて私は画像が荒くてもいいから元の映像で観たかった、、、。
とは言え、何回観ても、分かっているけど毎回大泣き。
この映画を観た後は、絶対に人との約束は入れられない、笑。

ドゥミの名言、、、
"Mieux vaut prendre avec légèreté des sujets graves qu’avec gravité des sujets légers"
(軽い主題を大げさに描くよりも、重い主題を軽く描く方が良い、、、)

だからこそ、この悲劇の恋愛話をドゥミは、ミュージカルに仕立てて、
カラー映画を最大に活かした明るさで演出した、、、。
名作だ!本当に!と観た後も、あちこちから聞こえて
フランス人にとっても、大好きなクラシック映画のひとつなのだなあ、と実感。

c0181947_1723716.jpg


以前から観て観たかった、イタリアの監督、ヴァレリア ズリーニの映画も幾つか観ることが出来た。
ジャン ルイ トリンティニャンの出演作
も。太陽がいっぱい、などもそうだけれど、この時代はイタリアとフランスの共同製作がとても多く、俳優人も混ざっている。


一方新作は振り返ってみれば、私が選んで観た映画は、全て原作が既に小説になっているものばかりでした。

c0181947_1724023.jpg


南仏が舞台の、クラシック文学、マルセル パニョール原作の二作は、南仏訛りやマルセイユの綺麗な海の景色に心癒されました。
現代のアラン ドゥロン、ラファエル ペルソナ もなかなか良かった。

地味な評判で終わってしまったけれど、私の中では、かなり久しぶりにスクリーンで観た ファニー アルダンとローラン ラフィットのしっとり切ない物語が、しみじみ良かったなあ。
主演の二人、大好きなだけに感情移入が強かったせいかも知れないけれど。

秋冬は、、春夏よりも時間が限られるけれど、また良い映画に出会えたら嬉しいです。


今回は古い映画、新作、と画像をまとめてみましたが、あらためて思うのは、古い映画のポスターの、それぞれが何て洒落ていること!
新作映画のポスターのつまらなさ。。
[PR]
by 40ansparis | 2013-10-13 17:34 | cinema | Comments(16)
Commented by hairpriori at 2013-10-13 21:03
邦題では・・
「最強のふたり」
「ミッドナイトインパリ」
コレが私は好きです
Commented by 40ansparis at 2013-10-13 23:30
hairprioriさん、その二つは日本でもヒットした映画でしたね。
私も観ました!ウッディ アレンの新作がこちらでは今上映中ですが、観に行く事が出来ていません。。ミッドナイト イン パリは、パリ好きな人には堪らない映画ですね。
Commented by ショコラ at 2013-10-14 10:41 x
こんにちわ、いつも楽しみに読ませて頂いてます。ずうずうしくも初めてコメントさせていただきます。
パリはほんとに個性的な映画館が多いし、クラシック・シネマを常に楽しめる環境で、ほんと、うらやましい。
日本では、ほとんどそんなチャンスはありませんもの。
ケーブルテレビの洋画専門チャンネルで見られるくらい。
私もパリの映画館に行きたいものです。
どんどん冬に向かっているとのこと。お体、ご自愛くださいね。
Commented by 40ansparis at 2013-10-14 15:24
ショコラさん、いつも読んで下さってありがとうございます。コメント残して下さって嬉しいです。
そうですね、今はインターネットででもケーブルテレビでも気軽に自宅で観たり出来るのは便利な時代ですが、日本では映画館で映画を楽しめるかと言うと、話題の最新作がメインになってしまいますよね。
先日もパリの映画館について書いたのですが、古い映画を上映する映画館が必ず存在するパリの街は映画好きには嬉しい所です。あえて映画館で観る、これも私の小さな喜びで。日本はまだ残暑が厳しいと聞きます。暑さもお疲れの元になりますから、ショコラさんもご自愛下さいね。
Commented by marucox0326 at 2013-10-14 15:40
マルセル・パニョルといえば、
私のだ~い大大好きな「マルセルの夏」と「マルセルのお城」
「マリウス」「ファニー」は見てませんが、
ダニエルオートゥイユが監督?

「シェルブール~」「ロシュフォールの恋人たち」
イイですよね、何度見ても。
ギャツビー・・・バズ・ラーマンの独特の世界観は見てみたい
と思いつつ、ヒロインが新旧どっちもなぁ。
ミアファーローの時はイメージまるで違ったので。

ヨーロッパの男優さんあんまり好みの人いないのですけど
女優さんは好きな人多いです。
Commented by 40ansparis at 2013-10-14 16:55
marucox0326さん、パニョールお好きなのですね。パニョールのシリーズは沢山本もあってその中のひとつをダニエル オトゥイユが映画化、またこの夏三部作のうちの二つが公開されたばかりなのです。フランス人にとっても、古き良き時代の南仏は郷愁をそそるみたいですよ。
ギャッツビーは、ストーリーではなく、私はメンズの正統トラッドスタイルを楽しみましたよ。
Commented by quatrevingtjours at 2013-10-15 13:00
ラパンさん、こんにちは。
わーっ♪素敵ですね!!!<映画ポスター
見ているだけでワクワクどきどきしてきます。
新しいポスターも素敵ですが、
古い映画のポスター、同感です。
素敵な一瞬を大胆な構図で描き切っている気がします〜(*^^*)
Commented by francana at 2013-10-15 13:55
そうそうラパンさん、「太陽がいっぱい」をつい最近見たのですけれど(残念ながら映画館ではなくアルテを録画して)・・・
トムとフィリップがはじめはtuで話しているのに、のちvousに変わるんですよね。どういうわけだかご存知ですか・・・?
Commented by 40ansparis at 2013-10-15 16:44
quatrevingtjours さん、最近の新作のポスターは、ひとつのシーンの写真にタイトルを施しただけ、60,70年代のものは、同じ様にシーンの写真を使っても、そこにグラフィックデザインが入っていてとてもお洒落。ジャズのレコード、CDのジャケットも同様に感じます。今の方が技術が発達しているのに、、、。
今観ても全く古さを感じませんよね。
映画の中では、人々の服装や車や街並みで当時の時代を感じますけれど。
Commented by 40ansparis at 2013-10-15 18:07
francanaさん、私の見解ですが、、、最初の何のわだかまりもなかった間はtuでしたが、二人の関係性の変化を現しているのではないかと思っていましたよ。途中、トムに殺意が生まれてきてフィリップもそれを察してきますよね。その辺りから二人の関係性は気のおけない友人から少し距離が出てくる、それを敢えてvousで現しているのだと思っていました。よく、日本人同志でも、喧嘩すると急に夫婦とかでもワザと丁寧語で話したりする人がいますよね?そんな感じに、笑。普段使っていても、このvousとtuの距離感、使い分けに迷うことがあります。相手が急にtuで話してきたりして、そうしたら相手にとって少し距離が縮まった仲になったのかな?と判断したり、、いろいろ迷います。
Commented by francana at 2013-10-15 23:09
そうですね、なるほど~ トムが小さなボートに置き去りにされた後、フィリップが自分の銀行口座明細を発見したときからvousですものね。緊張感がさらに高まる効果もありますね。
マージュとトムも、終盤ほんの少しだけtuを使いますけれど、あそこはにやりとしました(笑)。こういう表現の仕方って昔の映画ならではなのでしょうか・・・ やっぱりラパンさんに聞いてよかったです(笑)。
普段の会話、迷うこと多いです!同じような関係の相手でも、私に対してvousの人もいればtuの人もいたりで。まぁその辺りは日本語も同じで、人の好みや姿勢の問題なのかもしれませんが・・・
Commented by 40ansparis at 2013-10-15 23:47
Francanaさん、日本語もそうだと思うのですが、フランスも昔の方が仲良い間でもリスペクトする言葉になっていたように思います。現代は会社の上下関係でもすぐにtuになったり、家族間は当たり前のようにtuですけれど、昔の映画を観ると、例え夫婦やカップルでもvousで話しています。
日本でも昔は夫婦間でも上品に話していましたしね。
今回ちょうどリマスターされたのを観た、シェルブールの雨傘の中でもJe vous aime.....って言っているんですよ。tuで話すまでの仲ではなかった、と言うことをそれで現しているのだと思います。こうした部分は日本語に吹き替えたりしても訳せない部分ですけれどね。
Commented by whitelacenonyo at 2013-10-16 21:22
「甘い生活」のマストロヤンニ、かっこ良く素敵でした。
やはりいっぱい見ていますね。らぱんさん。
私もこのところ、家で映画三昧。いったいどれくらい見たかしら、、、
「ベルリン陥落」は素晴らしい映画でした。

メモもしていないのでどれがどれか、、こんがらがっているわ。
それにしても微妙な敬語の使い方を↑の人と交わしていますが、
格調たかいですねぇ〜。
日本映画の(小津映画は特に)日本語の美しさが際立っていますね。
Commented by francana at 2013-10-16 23:47
たしかに昔の映画を見ると(本でもそうですが)、背筋がしゃんと伸びる気持ちになります。ふだんの自分の言葉遣い、ものの考え方まで注意された気がして。
訳せない部分・・・翻訳というのは限界がありますものね。「外国語」は一生「外国語」のままだなぁと思うことしばしばです・・・(笑)
Commented by 40ansparis at 2013-10-17 04:09
whiteさん、マストロヤンニは一見二枚目なのですが、私の中では素敵と言うよりも、ちょっと情けない女性に翻弄される男、と言うイメージが強いんです。そういう役の印象が強いせいでしょうか。。
フランス語にも、日本語ほどの難しさはないですが相手によって使い分ける言葉がありまして、、、目上とか年上とかの問題以外の微妙な部分が難しいのですよ。うまく言えないのですけれど。
Commented by 40ansparis at 2013-10-17 04:14
francanaさん、この夏も小津映画も観たのですが、あの言葉遣いの綺麗さは、フランス語には訳せないので、フランス人用の字幕を目で追うと、当たり前ですがなんて事ないセリフになってしまい、読みながら、そうなっちゃうのね、、と勝ち誇った気分になります、笑。言葉遣いだけでなく所作なども美しく、我が身を振り返る良い機会になっています、笑。
<< 夜のカフェ風景 秋の日の、、、 >>