<< le soleil ! 帰りの空も >>

2012下期 映画まとめ

この秋冬はいつにも増して忙しく、いつもよりも映画館へ足を運べませんでした。でも実際にあまり新作で観たい!と思った映画も少なかったかな。

でもそんな中で幸い観る事が出来た映画を記録用に。
なお、以前書いた、Amourは別格扱いとしまして、他の映画をまとめました。

"古典文学回帰"

この秋冬は、何と無く映画と本がリンクしたシーズンになりました。
映画で出会ったり再会して、本へと移行したものも。
-Anna Karenine(以前既に書いています)
-Thérèse Desqueyroux
フランスのノーベル文学者、フランソ
ワ モーリアックの名作の映画化。
ジル ルルーシュとオドレイ トゥトゥの組み合わせに何と無く違和感あるものの、映像は好きだなあ、と思ったら、以前気にいった映画を幾つか撮っていたクロードミラー監督の作品。
この映画を撮り終えた後亡くなっています。インパクトあるポスターも良かった。

-Les Misérable (以前既に書いています)
c0181947_2401346.jpg


"L'acteur mon prefere"( 私のお気に入り役者、、)

それは、何度か書いているファブリス ルキーニ氏。
新作に良い映画、観たい!と思える映画が少なかった中で、二つもルキーニ氏の新作を観る事が出来て個人的にはかなり満足!
-Alceste a bicyclette
Alcesteは、モリエールの戯曲 人間嫌いの登場人物。舞台のイル ド レの景色も良かったし、ランバートウィルソンとのコンビがとても良かった。
イヴ モンタンのbicycleeeetteee〜が流れてきたのも個人的に嬉しく。

-Dans la maison
フランソワ オゾン監督の新作。
新作に期待出来て、やはりハズレなくうーんと唸らせる作品を撮るのは、最近オゾン監督くらいかなあ、、私は。
c0181947_2401560.jpg


"実話に勝るもの、なし"
-Royal affaire
1770年のデンマーク。
イギリスから嫁いだキャロライン王女と頭の足りない坊ちゃん王の専属ドクターとの悲恋。
最後の二人が罪を背負う罰、ギロチンなど、ドラマティックで凄過ぎる物語、もっと凄いのはこれが実話だと言うこと。
ベルリン映画祭で、主演男優賞と最優秀シナリオ賞。

-Hitchcock
1950年代のハリウッド、誰も望まず期待されないまま製作された映画、サイコの舞台裏と、その頃のヒッチコック監督自身の人生を描いた映画。

"懐かしの、、"

-La Tulip noir
1964年のアラン ドゥロンが最高に美しい頃。(タイプじゃないけど)
二役を演じていて、とにかく美しい。。。

-裏窓
上記の伝記映画のお陰でオマージュ上映がありました。グレースケリーの品と洋服が素晴らしい。

-La femme d'a côté (隣の女)
トリュフォーの映画を久しぶりに観れました。税金逃れのロシア行きで何かと話題だったドパルデュ出演。ヌーヴェルヴァーグの頃の彼は良い作品に出てるなあ。

-L'aille et de la cuisses
大好きなルイ ド フュネスのコメディ。
彼が亡くなってちょうど30年と言う事でオマージュ上映があり、特集号も購入。
最近のフランス映画に比べると、同じドタバタコメディでも、どうしてこんなに品があって洒落ているのか??

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
この秋冬は、数より質、だったように思います。
数は沢山観れなかったけれど、観た映画はどれももう一度観たいと思える映画ばかりでした。
ただ、休日が沢山潰れた分、観たかったけれど見逃した映画もありました。

本も近いうちに記録しておきたいと思います。

この春は早速フェデリコ フェリーニの名作を続けて観たところです。
ゆったりした時間が、今の私には何より贅沢に感じます。と、言いながら案外バタバタしているのは何故かしら?笑
[PR]
by 40ansparis | 2013-04-15 01:50 | cinema | Comments(18)
Commented by Cecile at 2013-04-15 07:34 x
最新作だけではないところがラパンさん流♪ 時間と場所を超えられる場所ですよね、映画は。カナダにはフランス映画の配給が少ないので(ケベック州ものはあっても)中々機会が持てないのが残念。
Commented by hairpriori at 2013-04-15 07:55
ジャンユーグアングラード・・って役者さんまだ活躍してますか・・
好きな人でした
フランス映画は最後がハッピーエンドじゃない方が多いですね
Commented by quatrevingtjours at 2013-04-15 11:21
オゾン、私も大好きです!!(え?好きとは言っていない?)
配給、一時期に比べて少ないと思います。しかも地方にはあまりまわってきません。
映画館で見る贅沢、羨ましいです〜!!!
Commented by akicosmosA at 2013-04-15 13:02
parisの教授役 ドヌーヴとの夫婦役の邦題何とかの雨傘?まだまだ日本公開映画出演作品の多い方です。
隣の女*観ましたよ。この女優さんも素敵!いい年の取り方をしているような?映画のみの判断ですが・・。もう歳とってますよね。
マリアカラス役しましたよね。
映画は裏窓が何と言ってもグレースケリーの美しさとファッションが
忘れられません。
Commented by 40ansparis at 2013-04-15 16:34
Cecileさん、実は古い映画の方が沢山観てるんですよ。ここに特に挙げなかったものも含めて、新作を観た回数はすごく少なかったのです。フランス映画の配給が少ない、、最近のフランス映画の質、と言うか内容の低さ、にも問題があるんじゃないかしら。
だから私も古い映画ばかり観てしまいます。
Commented by 40ansparis at 2013-04-15 16:36
hairprioriさん、彼は活躍とは言えませんけれど、ちょうど、小さい映画に最近出演していて、私も懐かしく嬉しく観ましたよ。
あの面影が少し残っていて、充分素敵に年を重ねていました。
フランス映画は、かなり現実的なのかもしれませんね。
Commented by 40ansparis at 2013-04-15 17:01
quatrevingtjoursさん、私もオゾン監督作品好きですよ。
シナリオがいいですね。
上の返事にも書いたのですが、フランス映画の配給が少ない原因のひとつは、私が個人的に感じることですけれど、最近フランス映画で、いい映画が本当に少ないのもあると思いますよ。日常を描くにしても、何だかテレビのドラマと何が違うのか、、と思うようなものばかり。増して日本は映画の入場料も高いですし、買い付ける方だって頭を抱えているのじゃないかしら。人が入らなければ無駄ですもの。
Commented by 40ansparis at 2013-04-15 17:04
こすもすさん、そうですね、ファニーアルダンはマリア カラスの映画で演じてましたね〜。トリュフォー監督のパートナーだったのですよ。
ヒッチコックの映画作りの舞台裏を観たので、そのサイコを観たかったのですが、休日と時間が合いませんでした。
ヒッチコックも全部見直してみたいんですよね〜。
Commented by marucox0326 at 2013-04-15 18:01
ラパンさん、こんにちわ。

フランス映画、私も昔のほうが好きな作品多し。
Thérèse Desqueyroux、
オドレイトトウが毒を盛る役?
アメリ以外も見ましたが、今ひとつ彼女好きになれないかなあ
Royal affaire
「偽りなき者」で主人公を演じた彼ですね。これは見てみたい。
Hitchcock
今日本で公開されていますが、ヒッチコック劇場というのが
昔TVでやってまして、大好きだったんですョ。
もちろん作品ほとんど見ています。
それだけにアンソニーホプキンスのは見たいような見たくないような。

ファブリス ルキーニってロメールの作品にも出ていますネ。
個性的なタイプの役者さんという認識ですが・・・
私もエリック・ロメールの作品好きなんです。

75年前後、大学生のころはトリュフォー作品よく見てたなあ。
隣の女のファニーアルダン懐かしい。でも好きだったのは
「アメリカの夜」「アデルの恋の物語」など。
また映画のお話、楽しみにしています。
Commented by 40ansparis at 2013-04-15 21:47
marucox0326さん、そうでしたね、小さい頃に沢山ご両親が観せてくれたお話、しましたね。
実は私もオドレイトゥトゥは苦手で、、でもこの監督の映像、好きでした。
ルキーニ氏はフランス人のシネマ好きと話しても、みんな、あの高いテンションが嫌いだ、などと言うのですが、そういった役が多いからかもしれません。私はむしろ個性的なイメージはなくて、チャーミングなかわいい人、と言うイメージなんです。いかにも人懐こい、フランス人特有の茶目っ気があって、哀愁もあって、、時代ものも、意外に合うんですよ。
春はもっと沢山良い映画に出会えるといいな、と思っている所です。
Commented by sogno_sonyo at 2013-04-15 23:32
ラパンさんのご覧になった映画の総括~ということで
きっとお若いラパンさんのことだから 私にはわからないだろうなと
思っていたらびっくり~。なんだか嬉しくなっちゃいましたよ。
特にアラン・ドロンの黒いチューリップなんか登場しちゃってー。
昔のフランス映画ってオープニングのテロップからもう
ストーリーが始まってしまうのが忙しくもありオシャレっぽくもあり・・。
昔のものでしたらたくさんみました。
よいものは時間が経っても変わらず感動を与えてくれるものですね。
Commented by sahobo at 2013-04-16 00:55
こんにちは♪映画関連、待ちかねていました。(笑)
Royal affaireやAlceste a bicyclette、良かったですね。
Royal affaireにはぐ~っと入って行ってしまうものがありました。
Dans la maison はちょうど日本に帰っていた時にこちらで公開されて見逃してしまいました!オゾン監督の映画は絶対観たいので、残念!!
そのうちDVDで…。

今年はまだ観た映画を記録できいなくて、1月からたまっています。
今、新しい映画がどんどん公開されていて、ちょっと観るのが追い付かないくらい。記録しないうちに忘れてしまいそうです。

本のことも楽しみにしています~♪
Commented by 40ansparis at 2013-04-16 01:33
そにょさん、私はすっごくクラシック好みなんですよ〜。
学生の頃から、仙台の名画座で60,70年代、またはもう少し古い映画ばかり観ていました。
黒いチューリップは、現実離れしたストーリーですが、アラン ドゥロンの美しさに魅了されているうちに夢中になってしまいますね。
20年ぶりくらいに観ました、笑。スクリーンで観れて嬉しかったです。この秋冬は時間がなかなか取れなかったので、最新の映画は、選んで観ました。でも、昔の映画を見終わった後の方が、心に刺さって、ため息がでて動けなくなりますね。
Commented by 40ansparis at 2013-04-16 01:45
Sahoboさん、数を観れなかったのでまとめも簡単でした、笑。
でも、時間が出来たら絶対観たい!と思った新作があまりなかったのが幸いでした。リンカーンは見逃しちゃいました。。。残念。
くまなく色々観ているSahoboさんの感想を参考に再上映のものがあったらこの春夏に観たいと思います。よろしくです〜。
オゾン監督のDans la maisonは、少しサスペンスタッチで、いつも通りストーリー展開やシナリオが凄いんです。引き込まれて全く退屈しない、これって意外にないんですよね、最近。
映画記録楽しみに待ってますね〜。
Commented by aoneko at 2013-04-17 20:18 x
オゾンは「まぼろし」とか「8人の女たち」をみました。とてもよかったです。初期の作品は怖そうでみていません。「まぼろし」くらいからはえぐさがなくなってきたようですが、新作も大丈夫でしょうか。
ファブリス・ルキーニ、パトリス・ルコントの「親密すぎるうちあけ話」が印象に残っています。おとなしい主人公でした。
先日、ロベール・ブレッソンの「白夜」をリバイバルでみました。70年代のパリが舞台のいい雰囲気の映画でした。
今度カラックスの新作を見に行きます。「ポーラX」は微妙なところでしたが、今度はどうでしょう。ちょっと心配です。
Commented by 40ansparis at 2013-04-18 04:21
aonekoさん、確かにオゾン監督の作品は"まぼろし"辺りから少し変わってきたかもしれませんね。最近のも沢山スリル、サスペンスめいた物がありますけれど。ただ以前は私は特にえぐいとは感じないんですよ。最近のフランス映画はもっと酷くえぐいものが多いので、それらに比べると感じません。監督自身がまだ若かったことや、オゾン監督はホモセクシャルの方ですから、そういった事からの描き方が、もしかしたらaonekoさんがそうお感じになる要素に関係しているかもしれませんね。
ルコント監督のそれ、確かにルキーニ氏の魅力が味わえる映画でした。
レオスカラックスは、私はポンヌフからもう観ていないんですよ。。ただ単に合わなかったです。それぞれ感じ方が違うのがまた映画を語る面白さですね。
Commented by いっこさん at 2013-04-18 22:29 x
見ようかな、どんな映画かな、と迷っているとき、ラパンさんの映画評がヨシ!見てみようという気にしてくれます。
Commented by 40ansparis at 2013-04-19 03:52
いっこさん、そんな風に読んで頂き光栄です。
ただあまり新作映画を観ていないので、古い映画の方がつい思い入れが強くなりますし、新作については参考になるのかどうか、、、?大型映画館にますます足を運ばなくなってきているこの頃です。
<< le soleil ! 帰りの空も >>