<< また真冬に フィガロ号外は、、 >>

パリの屋根

友人が住む、パリの屋根裏部屋からの眺め。
いつもと違う、パリの空。
c0181947_503349.jpg

パリにグレーの空が似合うのは、
パリの建物の屋根がグレーだから、かな?
c0181947_504096.jpg


休日が少なくあまり今月は更新出来ません、が今月頑張れば、ようやく私にも春がやって来ます。

パリはまた来週、真冬に戻る予報ですが、どうなりますやら。
[PR]
by 40ansparis | 2013-03-10 04:54 | パリの空 le ciel deParis | Comments(20)
Commented at 2013-03-10 08:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by くま at 2013-03-10 10:05 x
屋根たちも素敵な、パリなんですね~。
ラパンさん、忙しい時こそ、お体・お心お大事に。
Commented by yumibag at 2013-03-10 14:28
お久しぶりです なかなかお目にかかれなかったのでお体を壊されてるのではと心配してました パリの建物の屋根の植木鉢をひっくり返したみたいなもの 懐かしい光景です  これって煙突なんですよね??そちらに行ってる間結局確かなこと聞けずに終わったんです  まだまだお忙しそうですがお体に気をつけて   こちらは急に春到来の気温です
Commented by 40ansparis at 2013-03-10 15:14
鍵コメ(h)さま、それは煙突なんですよ。
来週からまた気温が下がるようですし、まだ東京に比べると朝晩もかなり寒いのですが、その頃でしたら薄手のコートでもいいのではないかと思います。ただ、気温がパリは常に10度くらい上がったり下がったり気温差が激しいので、ニットかカーディガン、ストールなど持参されるのを忘れずに。充実したご滞在になりますように。
Commented by 40ansparis at 2013-03-10 15:16
くまさん、ありがとうございます。
この景色、凄くパリ〜!と感じますよね。
Commented by 40ansparis at 2013-03-10 15:18
yumibagさん、ありがとうございます。
そう、煙突なんですよ。ポコポコ出ているのが見えると、パリにいるなあ、と感じます。
Commented by quatrevingtjours at 2013-03-10 16:10
色で例えるならパリはグレーだと今まで思っていたのですが
<パリの建物の屋根がグレーだから
納得です。どうして気づかなかったんだろう〜???
春は日差しが明るいけれど、気温はまだ寒い日も多いですね。
ご多忙そう。どうかお体にお気をつけてお過ごしください。
Commented by いっこさん at 2013-03-10 18:24 x
当たり前(普通)だと思っているものが違う土地(文化)に行くと実は当たり前ではないということありますよね。
私の地元の屋根瓦は真っ黒なのですが、よその土地の人からは珍しいみたい。
ラパンさん、ご多忙中、ご自愛くださいませ~
(東京で人生初の花粉症と闘っています)
Commented by whitelacenonyo at 2013-03-10 22:54
しばらくブログUPがなくてきっとご多忙なのでしょうと思っていました。
、、がUPがあるとそこはParisの風景健在でしたので嬉しくて。

春も近いことです。楽しいことをいっぱい考えましょ。
ラパンさんも愛用のJAMIN PUECH、やっと気に入ったデザインがみつかったわ。
Commented by Cecile at 2013-03-11 02:54 x
お元気そうで何より。数週間経つと…Paquesでまたまた多忙のシーズン? 元気に乗り切ってくださいね♪
Commented by 40ansparis at 2013-03-11 06:49
quatrevingtjoursさん、パリのイメージはなんと言ってもグレーですよね。モノクロのポストカードのような景色。
この景色を見た時、ふと屋根を眺めて思ったのですよ。
Commented by 40ansparis at 2013-03-11 06:52
いっこさん、人生初の花粉症、ですか〜。デビューしてしまったのですね。私はまだ経験なしです。辛い時期でしょうね。
他の地方にとっては珍しいこと、でもその部分がその土地独特の空気になるのですよね。いっこさんもご自愛くださいね。
Commented by 40ansparis at 2013-03-11 06:54
whiteさん、ご心配頂きましてありがとうございます。疲れすぎると、ブログも何もかもどうでもよくなりまして、笑。
まだまだ辛抱です。
ジャマンのバッグ、お好みのタイプに出会ったのですね。きっとこの春からオシャレのスパイスに大活躍でしょうね!
Commented by 40ansparis at 2013-03-11 06:56
Cecileさん、そうなんですよ。今月はPaques商戦と、あとまだフランスの地方のサロンデュショコラなど、いろいろありまして、バタバタ中です。
不況も失業率も止まらない中で、忙しいって有難いことです、笑。
Commented by kanafr at 2013-03-11 07:15
今年は、特にお忙しそうですね。
お天気も暖かくなったり、真冬に戻ったり..で一向に安定しませんしね。
どうぞお身体ご自愛くださいね。

Commented by 40ansparis at 2013-03-11 16:21
kanaさん、そうなのです。
先々週末も、ベルギーにすぐのリールのサロンデュショコラのヘルプに行って来たりして休日がつぶれて、しかもファッションウイークで来ていた友人達にも数人は今回は会えませんでした。kanaさんもどうぞゆっくり休養して下さいね。
Commented by marucox0326 at 2013-03-12 15:08
ラパンさん、こんにちわ。

パリの屋根裏部屋・・・想像しただけでワクワク・・・。
そしてこの風景も。
パリにはピーカンなお天気は似あわない気がします。
私もJAMIN PUECH大好き。
名古屋にもショップがあるにはありますが、
小さいのを一つだけ持っています。
10日の日曜日、東京に言ってましたが、
煙霧とやらで砂塵が舞ったように茶色くビルがかすんでました。
なんだか高層ビルの大都会にいながらにして
不気味な感覚でした。
Commented by akicosmosA at 2013-03-12 17:24
ラパンさんの写す巴里大好きです。
お忙しい日々は収まりましたか?
パリの春は今年は遅そうですね。
お体ご自愛なさってね。とわいう私もつらい花粉症・・動いてますがひどい顔になってます。
Commented by 40ansparis at 2013-03-12 22:22
marucox0326さん、屋根裏部屋は、昔の女中部屋なんですよ。
最近はそれでも改装されてとっても綺麗なお部屋が増えています。
太陽のあるパリもいいですが、どんよりしたお天気はやはりパリらしいですよね。
東京の空が凄かったらしいですよね。もうすっかり普通になったのかな。
Commented by 40ansparis at 2013-03-12 22:24
こすもすさん、まだまだ今月末の復活祭商戦が終わるまでは自由な時間が少ないです。パリは今日は雪です。また真冬に戻ってしまいました〜。
花粉症もお辛いでしょうね。。少しでもいい状態で過ごせますように。
<< また真冬に フィガロ号外は、、 >>