<< ジャンバルジャン、と言う名前 中世の、、 >>

どんどん

ちょうど一ヶ月前、この同じアンヴァリッド前は氷点下で凍っていました。

10日ほど前、朝8時が真っ暗じゃなくなりました、、、と写真をアップしました。

今、同じ時間でも、こんなに明るくなりました。まだまだ今週末に雪か?なんて言っていますけれど、
c0181947_18265010.jpg


夏の終わりを思い出せば、それに比べて春に向かう時のなんて気持ちの軽く感じられること!
c0181947_18265135.jpg

ピンクの朝靄に包まれたエッフェルさん、久しぶりだわあ。
[PR]
by 40ansparis | 2013-02-19 18:22 | パリの空 le ciel deParis | Comments(12)
Commented by hairpriori at 2013-02-19 19:22
アンヴァリッドのトコは通勤路とかでしょうか・・
3月はもう少し暖かくなりますかね^^
Commented by くま at 2013-02-20 00:18 x
すがすがしい気持ちになれる景色。
ありがとうございます。
今日もがんばろう(自分に)。
Commented by 40ansparis at 2013-02-20 05:13
hairprioriさん、そうなんです。ここは通勤途中必ず通る場所なのですよ。空が360度見渡せて広くて大好きな場所です。
3月に入ったら少しはだいたい気温が上がってきますよ。
Commented by 40ansparis at 2013-02-20 05:16
くまさん、わたしもメトロを出た時の、夜中のような暗さから、かなり明るくなって、清々しい気持ちで一杯でした。
太陽の光が冬とは違ってきているのを感じます。
Commented by yumibag at 2013-02-20 09:00
ラパンさんの写真を見るようになって 季節の移り変わりがより身近に感じられるようになりました 癒されます  時間は 確実に進んでいってるんですよね
Commented by akicosmosA at 2013-02-20 09:49
どんなに寒くても春をしっかり感じるこの頃ですね。私の家のまわりも昨日の雪が木々の隅にのこっているのですよ。それでも春を待つ心が寒さの中に春をみつけるのです。
巴里の今を自分の娘でなくラパンさんに教えていただくなんとも嬉しい?母であります。(笑)歩きたいアンヴァリッド。ラパンさんのあの通り。
Commented by kanmyougam at 2013-02-20 10:04
春が近いと朝靄の感じから感じるのですね。
2日つの中旬にパリを訪ねたことがありましたが朝夜明けは何時ごろだっただろうと記憶のあいまいなことを思っています。
寒かったようです。
こちらは6時30分ゴロお日様が顔を出します。。
Commented by ihoko at 2013-02-20 19:00 x
日が落ちるのが毎日少しずつ遅くなって、小鳥がうるさいくらいさえずるようになって・・一年の中で一番好きな季節がやってきました。
春本番も、素敵なんですが、私アレルギーなので、今が一番さわやかにすごせるのです。
ただし、重ね着は肩がこるので、暖かくなって、コートは脱いじゃいないんですけれどね~。
Commented by 40ansparis at 2013-02-20 19:58
yumibagさん、寒さは全く変わっていないのですが、毎日、どんどん朝の同じ時間の明るさが変わってくるので、嬉しく眺めています。春に向かって歩いている、そんな感じで。
Commented by 40ansparis at 2013-02-20 20:01
こすもすさん、パリもまだまだ最高気温が5度以下だったりして寒いのは変わらないのですが、午前中から日が差したりすると、太陽の光がまるで違います。
真っ暗な穴倉からやっと地上に出て来れたような、そんな気持ちはパリに住む人達皆が感じていると思いますよ。
Commented by 40ansparis at 2013-02-20 20:04
kanmyougamさん、日本は朝6時半に夜明け、、さすが、日出ずる国ですねー。
海が近い日本よりは遅いですけれど、パリもやっとここまで明るくなりました。冬の間はただただ暗いだけでしたから、朝靄のニュアンスある空の色合いを見ると本当に心がふわっと軽く感じます。
Commented by 40ansparis at 2013-02-20 20:07
ihokoさん、花粉ですか?それはお辛いでしょうね。今のまだ冷んやり爽やかな時期が一番ですね。草木の萌える、良い時期ですね。
私も着込まない方ですが、何より軽いブラウスやワンピース一枚で歩ける季節がくるなあ、と嬉しくなります。
<< ジャンバルジャン、と言う名前 中世の、、 >>