<< l'anne erot... 三都物語: Life styl... >>

出勤の朝

c0181947_1654876.jpg

まだまだ寒くてどんよりしているものの、

二月に入ったら、真っ暗じゃなくなりました。

c0181947_1654922.jpg

私が、最初に春に向かっているのを感じるのは、これを見る頃。

木々も空も、土の中も、みんな静かに春への準備中。
[PR]
by 40ansparis | 2013-02-06 16:47 | 仕事の日 le travail | Comments(16)
Commented by hairpriori at 2013-02-06 17:32
アンヴァリッドでしょうか・・
今日首都圏はみぞれ交じりの天気で寒いです
パリも少し春近し・・ですかね
Commented by whitelacenonyo at 2013-02-06 17:38
あ〜〜アンヴァリットも
春の準備をしているのですね。

こちらも日が長くなり、夕方の慌ただしさが少し緩和。
Commented by くま at 2013-02-06 17:41 x
もう冬も終わりですね。
今、白梅・紅梅がきれいです。
梅の香りってえもいわれぬいい香り・・・大好きです。
パリも春の足音が聞こえているのですね。
Commented by こすもす at 2013-02-06 20:32 x
春への準備中…なんかいいですね。朝の暗さも毎日観る景色から
感じられるのはラパンさんの感性ですね。いいな。
Commented by 40ansparis at 2013-02-07 07:31
hairprioriさん、そうです。いつものアンヴァリッド前です。
パリもまだ今週から来週は気温が下がっていき、雪もあるかも、と言う予報になっていますよ。東京の雪も今年は多いですよね。
Commented by 40ansparis at 2013-02-07 07:35
whiteさん、少しずつ日が長くはなってきていますよね。
夕方もそう言えば、4時で真っ暗ではなくなってきています。
朝は毎日のように見ていても、この日のようにある朝突然明るくなったのを実感したりして不思議です。
Commented by 40ansparis at 2013-02-07 07:38
くまさん、日本は梅の時期ですか。香りもいいですし、桜とまた違って小さなお花も可憐でかわいいですよね。
パリはまだ足音が聞こえるほどは近づいている気がしませんが、この日の朝のように暗い中に、ようやく光や明るさが入ってき始めたように感じています。
Commented by 40ansparis at 2013-02-07 07:42
こすもすさん、毎日のように見ていても、本当に不思議なのですがある朝に、あれ??と思うほど急に明るくなっていたりするんです。その前の日も多分少し明るかったのでしょうけどね。
そして季節ごとに思いますが、今回もきちんと二月に入ったら明るくなるんです、、自然って凄い、あ、カレンダーが凄いのかな、笑。
Commented by yumibag at 2013-02-07 08:49
パリも春の準備中に入りましたか こちらも立春を過ぎてから空気のキーンとする冷たさが少し和らいだ感じがします まさに昨日夕方いつもの時間にドアを開けた時 真っ暗じゃないって言葉がつい口から・・・
世界情勢がどうあれ 自然は私たちにちゃんと教えてくれますね
Commented by 40ansparis at 2013-02-07 18:20
yumibagさん、私達はある日気付くのですが、本当は毎日僅かな量で少しずつ変化しているのでしょうね。
自分で12月頃の同じ風景の写真を再度見ると、あらためてこんなに今明るくなってきたのね!と感動さえします。
自然は常にいつものペースで流れているのですよね。
Commented by Pas mal at 2013-02-07 21:05 x
Enchantee
下のブログの言葉
新しい新たな目・・・
ずしんと心に響きました。
いつも目的と希望をいだいて飛行するのですが
今回はちょっと心構えがちがう。
いつもラパンさんの感性に便乗しながら、パリをフランスを楽しんでおります。あと2日後・・・
写真のような景色に心奪われるはずです。
つかみどころのない思いに、どんな思いがのこるのでしょう?
せめて雪マークが消えることを願っている今頃・・・
今回こそ、本物のカヌレ味わいに行こうかな~
Commented by 40ansparis at 2013-02-08 07:40
Pas malさん、マイペースなこのブログを読んでくださってありがとうございます。パリはもう何度もいらしているのですね。
下の言葉、和訳は私なりの解釈なので、もっと洒落た訳し方があるのかもしれません。私はこの文を読んだ時、何故か実際の旅、のことだけではなく、日常の生活のことをプルーストが旅に置き換えて比喩のように言っている文に感じたので、こんな風に訳して見ました。あと二日でパリですね。また気温が下がりそうですから暖かくしていらして下さいね。
Commented by kanafr at 2013-02-09 09:17
寒いと思う日でも、少しづつ日がのびているのを感じますね。
そして晴れた日の空の青にも柔らかい春の色を感じます。
と言っても、まだまだ暖かいと感じる日は遠いですが...。

お忙しい時期ですね。どうぞお身体ご自愛くださいね。
Commented by 40ansparis at 2013-02-09 17:46
kanaさん、やっと週末、少し休めているといいなと思っています。
今週末もまた雪か、と言っていますが、氷点下じゃない分まだいいかな、、。二月を乗り越えればようやく春の足音が聞こえて来そうですね。ゆっくり休養して下さいね。
Commented by megmeg at 2013-02-11 02:18 x
本当に日に日に春が近づいてきていますね。毎日忙しくしていると、つい季節の変化さえ見過ごしてしまいそうです。
風の匂いや柔らかな光…日々感じて愛しむ心の余裕を持つ事は大切、と実感します。
週末、ゆっくりと休養出来ますように。
Commented by 40ansparis at 2013-02-11 05:28
megmegさん、今日はパリは雪がまたちらつきまして最高気温が1度と言っていました。日本に居た頃は季節の変わり目を感じている余裕がありませんでした。売り場の商品で季節を感じるくらい、笑、でしたね〜。本当に心に余裕がないと、目に映っていても目に入らず、何も感じなくなってしまいますよね。そうなっていた自分を思い出します。
<< l'anne erot... 三都物語: Life styl... >>