<< ガレットデロワの日曜日 Bonne annee >>

まだまだ暗い冬だけど

c0181947_7113352.jpg

今頃、いつもなら首をすくめて白い息を吐きながら足早に歩く仕事帰り。

今年は今の所は、10度くらいあって息も白くない、、、これも異常気象かな。

何の予定もない、ダラリとした休日がまだもう少し先なので只今かなりの
活字不足中。

そんな中で、日本から来た方に会った時にお土産と一緒に私に渡してくれたものは、沢山の新聞!笑
c0181947_7113890.jpg

ホテルの部屋に配られたりあるものを持って来てくれたらしく、笑。

数日前のでも嬉しく、、ただゆっくり読むのはさらに数日後だったりして。

ル.モンドには大きな記事で、日本の安倍内閣のことが書かれていました。

自分の国だけれど、何処かもう自分の居場所ではないような感じもする日本。どんな国になっていくのでしょう。
[PR]
by 40ansparis | 2013-01-05 06:57 | 仕事の日 le travail | Comments(14)
Commented by くま at 2013-01-05 10:13 x
自分の国だけど・・・の一文に心が動きました。
また、「ふるさとは遠くにありて思うもの」といいますが、引っ越しの多い私はそれもよくわかります。
でも、こうやって「想う」ことが大切だなと思います。
生まれた場所への思いも、大事なものは目に見えないのも普遍的なことだと思います。
Commented by ihoko at 2013-01-05 12:11 x
私にとっても日本はすでに遠い国です。イタリアになじめず、ウロウロしているうちに、日本までも遠くなってしまったという感覚。

ただ、それでも、あの震災の時のように、直後から暫くの間、身体が震えて止まらなくなった事や、平常心を失っていた事を思うにつけても、やはり、日本は私の国で・・遠くでいいから・・大きな光でなくていいから、輝いていてほしいと願いますね。

今年が、お互いに取って良い年であるといいですね~、
Commented by hairpriori at 2013-01-05 14:08
阿部内閣・・
今の所日本では評判よく株価も上がってます

新聞送りましょうか・・^^
Commented by 40ansparis at 2013-01-05 18:53
くまさん、私も何度か引越しをしてきたので、わかる気がします。それぞれ過ごしてきた場所を思う、思い出す、、。だから逆に本来の故郷以外は、私にとっては単なる故郷以外の場所と言う感覚で、東京もパリも一緒なんですよ。
Commented by 40ansparis at 2013-01-05 18:57
ihokoさん、あ〜何だか同じ感じがします。どちらにも完全に属してはいない自分を感じる、そんな感覚です。

年末年始のヴァカンスゆっくり楽しめていらっしゃるご様子、青い空や海や、今パリにないものなので、眩しく、私も嬉しく拝見しましたよ。
今年はさらに充実した、ご家族に笑顔が沢山の一年になりますように。
Commented by 40ansparis at 2013-01-05 18:59
hairprioriさん、明けましておめでとうございます。ふふふ、ありがとうございます。
休日には新聞を買ってゆ〜っくり時間を気にせずに読む、これが私には贅沢な時間ですが、この時期はそれさえも出来ずにいたので、。
Commented by こすもす at 2013-01-05 19:45 x
ラパンさん。本年もどうぞよろしくお願い致します。
まだ暗い冬でも年が明けると春を待つような気持ちになるのが不思議です。お忙しいのですね。早く好きなことが出来る時間が
戻ってくるといいですね。住めば都と思いながら巴里で元気していると思いながらまだまだ娘の帰りを待つ気持ちがある親ごころは消えなくて(笑)活字は心の薬でもありますね。
Commented by 40ansparis at 2013-01-06 05:15
こすもすさん、明けましておめでとうございます。ご挨拶遅れていまして申し訳ありません。活字は、本当に心の薬です。本を開いた途端にリラックスしてきて、つい眠くなります、笑。疲れ過ぎると逆にだから読みたくても読めませんし、映画も眠く辛くなり、どちらにしてもさらに疲れることになります。あまり複雑過ぎない軽く読めるものに今の時期はしています。もっと時間が欲しいです。ご家族にも沢山の笑顔がある一年になりますように。
Commented by Cecile at 2013-01-06 06:57 x
ラパンさん Happy New Year!
ご多忙のNoelの時期を乗り切られたようですね。ほっと一息できる日々となりますように。
今年もどうぞよろしくおねがいします♪
Commented by 40ansparis at 2013-01-06 17:18
Cecileさん、明けましておめでとうございます。
大きな山をふたつ、やっと超えまして心が軽くなってきました、笑。
今年もダーリンさまと共に、笑顔が沢山の
一年になりますように。
Commented by sahobo at 2013-01-06 20:13
ラパンさま、
おそくなりましたが、明けましておめでとうございます!
お忙しい年末年始をのりきられたのですね。
ゆっくり活字にひたったり映画を観たり…貴重な時間ですよねぇ。
今年もラパンさんのお写真と文章、楽しみにしています!!
素晴らしい1年になりますように♪
Commented by 40ansparis at 2013-01-07 01:18
sahoboさん、明けましておめでとうございます。
秋冬は残念ながら映画を沢山は観ることが出来ませんでした。こんなに観ることが出来なかったのは、パリに住んでから初めてかも。でもまた映画のお話、出来るのを楽しみにしています。最近フランス映画で観たい!と思うものが実に少ないので、忙しい時期には幸いでしたけど、、。
沢山の笑顔に溢れる一年になりますように。
Commented by kanafr at 2013-01-10 08:04
私も時々日本から来る友人が飛行機に乗る前に買ったという新聞をくださる時があるのですが、ネットで日本の状況も分かるようになっても新聞という形で読むと、本当に隅から隅までの情報があり、随分違うものだなあと思います。
どちらにいても異邦人になってしまったなあと、私も感じる時がありますが、やはりjaponという活字をフランスの新聞の中で見るだけで気になり、何?何?と思ってしまいます。きっと外国で暮らす方達は皆そんな思いを抱えていらっしゃるのでしょう。
Commented by 40ansparis at 2013-01-10 17:43
kanaさん、インターネットで新聞を読めても、やはり新聞紙で、新聞紙を手にもって、新聞紙の紙の匂いもほのかに感じながら読む嬉しさは全然違ってきますよね。
海外暮らしの人もそうだと思いますし、海外で生まれ育った人達もそういう、ある種の寂しさのような感覚をもっているのですよね。
<< ガレットデロワの日曜日 Bonne annee >>