<< 妹のバースデーに 友人のビストロ:三都物語番外編 >>

冬の朝

c0181947_6313596.jpg

週末の冬の朝。
きーんと冷んやりし、やや靄がかかって、ひと気もなく、かもめさん達の声がして、街灯の灯りも綿飴のように
ぽわんと浮かんで見える、、、

幻想的な朝の光景。
c0181947_631382.jpg

天使が本当に降りてくるとしたら、こんな時間かも、と思わず考えてしまうくらいに幻想的で、現実を忘れる一瞬。
いつも見ている変わらないはずの景色なのに。
c0181947_6314351.jpg

人が出て来始めると、かもめさんの姿はありません。
この早朝だけの大好きな光景。
[PR]
by 40ansparis | 2012-11-25 05:24 | 仕事の日 le travail | Comments(20)
Commented by nararanran at 2012-11-25 10:16
かもめさんなの(*^_^*)
日本では、かもめさんって海周辺の防波堤とかに止まってるイメージだったので
芝生にいるかもめさんって面白いです♪
奈良もそろそろ寒くなって、朝夕に外を歩くと
鼻の中がキーンと痛い・・。
鼻の中のキーン(^-^) なんとなくわかっていただけますか(笑)


Commented by hairpriori at 2012-11-25 11:36
これからパリの朝は寒くて暗くて厳しいですね・・
2枚目はアンヴァリッドでしょうか・・
Commented by Cecile at 2012-11-25 12:48 x
初冬の季節にこんなにもカモメさんがいるとは!! ほっとする一時ですね。
Commented by ihoko at 2012-11-25 13:43 x
夢をぶち壊すようで申し訳ないですが、・・かもめの落し物って巨大で、車のフロントガラス覆われちゃうんだよ~。あっ・・でもパリの子たちは、街灯の上ではなく、芝生だから・・落とされる心配はないですね。
・・どうしてパリに かもめがいるの?

パリは寒そうですね。こちらは、まだコートは必要ないです。暖房も、朝2時間くらいのみ。サルデーニャなんて、25度超えてます。
最近のイタリアは、12月中旬くらいまでは比較的穏やかな冬で、その後、いきなり大雪とか激しい寒波とかが来る事が多いですl。
Commented by くま at 2012-11-25 16:14 x
かわいい~。
特に最後の一枚。
ミナ・ペルホネンか、ツモリ・チサトの生地かのようなかわいらしい切り取り方ですね。
Commented by 40ansparis at 2012-11-25 18:56
奈良さん、分かりますよ!私は北国育ちですから。
かもめさんは、北フランスのブルターニュやノルマンディからやってくるようです。パリも秋冬になって、空がどんより、気温が下がってくると見かけるようになるんですよ。昼間に見かけるのは、やはりどんよりしたお天気の日ですね。
Commented by 40ansparis at 2012-11-25 18:58
hairprioriさん、そうです、アンヴァリッド前は私の日記によく載せている、定点観測所なのです、笑。ここで、私は朝晩、日の長さや短くなったのや、季節を一番感じるのです。
Commented by 40ansparis at 2012-11-25 19:52
Cecileさん、気温が下がってくる初秋から彼らは来ていますよ。ただ、もっと気温が下がってくるまでは、見かけるのは早朝のみなんです。一日中暗くなる真冬になると、セーヌ沿いやチュイルリー公園などでも見かけるようになりますよ。
Commented by 40ansparis at 2012-11-25 19:57
ihokoさん、わあ、サルデーニャはまだ軽いワンピース一枚で歩けるのですね?!いいなあ。行きたい!
言われてみれば、私はノルマンディに何度かいった際も、パリでもこうしてよく彼らを見かけているけれど、落し物、見たことないかも!そんなに巨大なんですかあ、お姿は見目麗しく、優雅なのにね、笑。以前の日記にも書きましたが、ノルマンディに行くと、太陽はあまりなかたりするけれど、かもめさんの声が一日中聞こえて、すぐ近くでも見れて、大好きなんですよ。次回は落し物に気をつけて見るようにします。
もしかして来月は、そのサルデーニャヴァカンスでしょうか!?
Commented by 40ansparis at 2012-11-25 20:04
くまさん、確かに!そんな生地がありそうですね。
かもめさんの姿は見ていると優雅で、大好きなのです。
以前の日記、カテゴリーのvoyageのノルマンディのところにも、何度かかもめさんのことを書いています。宜しければご覧になって下さいね。もっとアップで撮っていますよ、笑。
Commented by akicosmosA at 2012-11-26 01:43
ラパンさんの写すこの朝の風景が好きです。
キーンと冷えた巴里の朝を歩き出勤するパンさんへの季節のご褒美かしら♪
Commented by 40ansparis at 2012-11-26 06:36
こすもすさん、毎シーズン季節の貴重な贈りもの、この辺りの景色で頂いています。
メトロまでは、疲れによってはかなりまだどんより、半分眠ったまま、だったりするのですが、メトロを出てこの前に来ると、この時間だけ独り占めしているようで贅沢に感じます。
Commented by kanmyougam at 2012-11-26 09:58
かもめは海・川を抜きにしては考えられないと思いますので、
夜を過ごす場所にしたいるのでしょ。
不忍池にはいっぱいのかもめが来ますが海からの移動の範囲らしい。

もう冬支度は終わっているパリですね。
というより冬そのものですか。

朝の静けさ幻想的ですね。
Commented by peace-co at 2012-11-26 13:37
こんにちは。
またまた素敵なお写真!
朝のキーンと冷たい空気が感じられました。
今日の東京は雨でとても寒いです。日に日に冬が近づいています。
1枚目のお写真、落ち葉を踏みながら歩いてみたいです。
こちらも銀杏祭りなどが開催されていますよ。
Commented by 40ansparis at 2012-11-27 06:11
kanmyougamさん、そうですよね?パリに来るかもめたちは、北の海、ノルマンディやブルターニュからやってくるようです。
パリもセーヌの周辺では冬の日中でも見かけたりします。
日本だと日本海かしら、、。冬の朝は起きる時が辛いのですが、この幻想的な風景に出会うと、得した気持ちになります。厳かな雰囲気さえ漂う時間です。
Commented by 40ansparis at 2012-11-27 06:20
peace-coさん、ご無沙汰お許し下さいね。
パリは紅葉とは言っても、殆ど黄色が多いです。この写真の辺りはそれこそ枯葉のじゅうたん、と言っていいほど沢山落ちています。
あんなに猛暑の東京でも、さすがに寒くなってきましたか?銀杏と言えば銀杏の木もさることながら、銀杏をつい思ってしまいますね、、。銀杏の焼いたの、好きなんです、笑。
Commented by yumibag at 2012-11-27 08:57 x
冬の早朝のパリの空気感つたわってきます
パリの街にカモメさんがいるのもチョット不思議!でもこの風景にカモメさんがとてもオシャレにみえます こんなに幻想的な風景を目にする事ができるなんて羨ましい限りです どちらかというと私は冬のパリが好きです ラパンさんの写真が季節を追うごとにどんどんステキになっていくからかもしれませんね
Commented by 40ansparis at 2012-11-28 06:47
yumibagさん、パリにかもめが居るの、何と無く不思議ですよね。でもそれだけパリは寒くなってどんよりしている、と言うことなんですよ。私もパリは秋冬の方がパリっぽいと思っています。
観光で来る友人やお客様で、冬は日が短くて、、なんて残念がる人もいますけど、私は秋冬の方がロマンティックだし風景は断然素敵、と伝えます。
Commented by kanafr at 2012-11-29 07:48
これだけ灯りが見えるっていう事は、かなり朝早い時間にお仕事ですね。
2枚目の写真の幻想的な事!もうlapinさんの大変さを忘れウットリしてしまいました。
いつも素敵な写真に癒されていますよ~♪
Commented by 40ansparis at 2012-11-30 05:48
kanaさん、週末の早朝なので、余計に人がいません。でもだからこそ、週末の早朝は私嫌いじゃないんです。人が居なくて、カフェに入ったってカウンター周りもいつもの常連客が居なくて、人がとにかく居なくてすっきり、気持ちいいんですよ、笑。
幻想的な時は、それまで半分脳みそが眠っていたとしても、私も起きて来て良かった!と毎回感動しますよ。kanaさんもお忙しい時期に入りますからご無理なさらずに。
<< 妹のバースデーに 友人のビストロ:三都物語番外編 >>