<< パリ郊外の田舎にて 光と暗闇 >>

鳳凰の羽根: les ailes de phenix

8月終わりのつい先日、この日の仕事場帰りは、日が短くなって夕焼けが始まった空を見上げながら何だか胸騒ぎがしていて、、。
c0181947_39131.jpg

空の色が綺麗過ぎて、、水色にピンクが混ざり、、しかも歩きながら見える空一面に。

そしていつもの定点観察地、アンヴァリッド前に出た時、独り私は周りの目も気にせずに、わあ‼と声をあげました。

鳳凰が羽根を広げたように見える、凄い夕焼けを見たのは、3年程前に帰省していた時に日本の田舎で。
c0181947_39428.jpg

日本は海が近いせいか、夕焼けの朱赤が強く見える気がするのに対して、パリはやはり大陸の中だからピンクがかって見えることが多いみたい。

雲も動いているので、少し見とれてから気がつくとまた微妙に変わっていて。
c0181947_39661.jpg

仕事の日は毎日見る景色だけれど、この場所でこんな凄い鳳凰の羽根は、初めて見ました。

C'est le moment de couche du soleil qui est très rare comme ça .
Au Japon , ce qu'on appelle " les ailes de phénix chinois" .
Car c'est comme un phénix déploie ses ailes sur le ciel.
Ça vous porte bonheure........ C'est beau!!
[PR]
by 40ansparis | 2012-09-02 02:46 | パリの空 le ciel deParis | Comments(14)
Commented by fuki at 2012-09-02 09:00 x
印象派の世界ですね。自然のものって、どうしてこんなに心に響いてくる美しさを投げかけてくるのでしょうね。
Commented by くま at 2012-09-02 12:29 x
きれい・・・それしかでてきません。
二度とは同じものを見られない、空の景色はそんなはかなさもいいです。
Commented by 40ansparis at 2012-09-02 20:09
fukiさん、草花や鳥の色などもそうですけれど、自然な色と思えないほど綺麗でそれぞれの個性が際立っていますよね。神様は凄いイマジネーションをお持ちで。実際のこの夕焼けももっとピンクが強かったのですがなかなか本来の自然な色を写し出せませんね。
Commented by 40ansparis at 2012-09-02 20:11
くまさん、一瞬でその景色は終わりですものね。
雲の流れが早いと撮ろうとしている間にも、どんどん変わっていく自然。自然がつくる芸術ですね。空はだからいつ見上げても飽きませんね。
Commented by evecookymama at 2012-09-03 04:40
おしさしぶりです~パリの空はピンク色・・まして鳳凰の羽根だなんて、ますますパリへの憧れが強くなります。
雲のさまは、はかなげですが、それゆえ美しいのかもしれませんね~
先だって、奈良らんさんとお逢いしました。素敵な方です。
Commented by 40ansparis at 2012-09-03 15:09
evecookymamaさん、こんにちは。鳳凰の羽根については、私は田舎の木花のアーティストの女性から教えて頂いたんですよ。日本の田舎で見た鳳凰の羽根の方が朱赤が強くて鮮やかだったので、忘れられません。めったに見れないので見ると縁起がいいんですって。奈良らんさんと、。お二人もきっといい出会いでしたでしょう。
Commented by Cecile at 2012-09-04 02:28 x
柔らかな色合いのパリの夕暮れ。この一瞬に巡り合えるのもラッキーですね。
Commented by 40ansparis at 2012-09-04 06:08
Cecileさん、このくらいの綺麗な夕焼けは 秋が深まって行く頃や冬が終わり日がようやく伸び始める、季節の端境期にしか見られないんです。だから毎日が貴重で違う色合いで、抜群に素敵な色合いなら本当にハッピーなんです。
Commented by yumibag at 2012-09-04 09:10
なんて綺麗なんでしょ!空を見上げてたら時間を忘れる事がありますよね~パリの空はピンク色に染まって ずーっと日本の空に繋がっているんですよね 気持ちが豊かになります
それにしても本当~にキレイ 撮られたラパンさんの思いも伝わってきますよ
Commented by 40ansparis at 2012-09-04 22:24
yumibagさん、このひとときは時間の経つのを忘れて見入っていましたね~。あまりに綺麗であまりに広大で、いつも見える範囲を超えてかなりの広さで鮮やかでしたので、この日は特別感動が大きかったですよ。私も、空を見ても海を見ても、セーヌ川さえも、見れば日本まで繋がっている、と思い見つめます。
Commented by akicosmosA at 2012-09-05 12:59
感動して見つめるラパンさん*お気持ちすごく伝わります。
私も夕方の散歩で空がいつもと違う色や雲の形に見入ることがよくあります。
まさに私にもパリへ続く空~。
最近は慣れましたが何度空を見て娘へ想いをはせたでしょうか。
9月・・来週末にはエッフェルさんにもこんにちはです♪
Commented at 2012-09-05 13:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 40ansparis at 2012-09-05 16:03
こすもすさん、私はこすもすさんがお撮りになる空の写真も好きですよ~。
空を見てはお嬢様に思いを馳せ、、、またジーンとしてしまいました。
また海岸沿の空を見せて下さいね。海岸線と空の組み合わせは、やはり最高ですから。
Commented by 40ansparis at 2012-09-05 16:04
鍵コメ(a)さま、はい、お待ちしております!
<< パリ郊外の田舎にて 光と暗闇 >>