<< 小さな偶然 重い頭の土曜、、、 >>

地球は丸い、、、、

c0181947_1753559.jpg

サマータイムも過ぎて、どんどん日が長くなってきています。
仕事帰りの夜20時半過ぎでも、結構まだ明るくて、夜に帰っている気がしない、それだけでも気持ちが
軽くなります。
c0181947_1756299.jpg

綺麗に染まる夕焼けと、雲の流れを眺めながら思ったこと。

私達は平面に居るつもりで居るけれど、ここはやっぱり巨大な球体の上。
c0181947_17573284.jpg

雲が球体の面に沿うようなカーブを描いていることに、感動。

自然を前にすると、人間は本当に小さい。。。
[PR]
by 40ansparis | 2012-04-17 10:53 | パリの空 le ciel deParis | Comments(18)
Commented by peace-co at 2012-04-17 19:01
こんにちは。きれいな写真!癒されます。パリの空って広いのですね。
今すぐ飛行機に乗って行きたくなりました~。こんな空の下を散歩したいです。
日本も日が長くなって、夕ごはんは明るいうちに食べます。日が長くなると少し気持に余裕ができますね。

Commented by whitelacenonyo at 2012-04-17 22:01
私も今すぐ、飛行機に乗っていきたくなったグランパレ、プチパレの夕暮れ景色、
雲の流れがポ・エ・ム・・・
いつも素敵な写真をありがとうございます。
Commented by nararanran at 2012-04-17 22:43
人間って小さいですね。
自然にやさしくってスローガンがあるけど
なんて傲慢な人間なの・・って悲しくなります。
自然は人間がコントロールできるものじゃないのにねっ。
Commented by kanafr at 2012-04-17 23:02
アンバリッドやコンコルド広場の広い敷地や、競うように建てられた高い建物などないゆったりした空間が、東京にもあったなら、きっと人々は、空を眺めたり空気を感じて生活をゆったり過ごそうっていう気になるかもしれないなあって、あの辺りを通るたびに思います。

仕事が終わって帰宅する時に明るいって何だか嬉しいですよね。
疲れも癒されるような気がしますもの。
Commented by shinn-lily at 2012-04-18 09:46
このような美しい夕暮れを見ながら生きる
日本で地震を心配しながら生きる
食べ物を心配しながら過酷な場所で生きる
持って生まれた運命なのでしょうか?
それぞれ、それなりの幸せと悲しみはあるでしょうが、
人間の力以外の大きなものに動かされている感じがします。
Commented by kanmyougama at 2012-04-18 14:18
久しぶりです。パリの夕暮れが大分長くなっていますね。
僕らのこことは1時間20分ぐらい長いですね。
サクラが散って若葉野季節です。
皐月・ツツジの季節です。
同じ地球上でもさまざまなことを感じながらですね。
Commented by 40ansparis at 2012-04-18 16:54
peace-coさん、この辺りはパリの中でも特に芝生の広がる開放的な場所で、空がぐるりと360度見渡せるんですよ。建物が全くないところです。ここで空を眺めると、地球が丸いその一角にいるんだということが分かる場所で、空をいつまでも観ていたくなります。日本は青葉のいい季節ですね。
Commented by 40ansparis at 2012-04-18 16:59
Whiteさん、場所、すぐお判りになりますね。この場所で空を見ていると、本当に飽きないんです。仰るとおりに、時に元気な雲がいたり、朝や夕暮れは静かに何かを語っているように感じたり、、。
空はずっと日本まで繋がっている、、と眺めたり。日本のように海が近くない分、色合いがボンヤリしているのかもしれませんね。
Commented by 40ansparis at 2012-04-18 17:11
nararanranさん、ここを通る度に、地球の大きさを思い、気が遠くなります。巨大な地球のほんの一点に過ぎないんだって。いえ、空から見たら、一点にさえ見えないくらいの小ささなんですよね。
そう感じるくらいに、この場所は空がぐるりと前後左右に見渡せるんですよ。
Commented by 40ansparis at 2012-04-18 17:18
Kanaさん、本当にそうですよね。自分が居た時もそうでしたけど、日本は狭い土地の中心ほとんどが山で、残りの狭い土地にみんなで肩寄せ合って生きていて、都会は特にさらに高層ビル、、これじゃあ空は眺められませんよね。ビルの上階でまた見るのと、アンヴァリッド前のような地面の草を踏みながら見るのも、随分違うでしょうしね。でも田舎はまだ、そういう意味では生活リズムのゆったりさや広い空も残っていますよね。
Commented by 40ansparis at 2012-04-18 17:25
Lilyさん、自分が今日本に居ないのは、宿命なのか運命が決めたのか、偶然なのか、自分では分かりませんが、自分が生きている中で起こった最大の惨事を、本来は自分の国なのに、経験しなかった、と言う事実は、今でも不思議で仕方ないんです。上手く説明ができませんけれど。空も海も繋がっていると言うのに。宇宙から見たら、私達の存在は、私達が見る蟻よりもずっとずっと小さい存在でしかないんですよね、そんなことなど感じる場所なのです。
Commented by 40ansparis at 2012-04-18 17:30
Kanmyougamaさん、私の方こそご無沙汰しています。
南の方はすっかり青葉の季節ですね。パリも青葉で一杯です。
東京などは、空が広い場所が本当にないけれど、kanmyougamaさんがいらっしゃる所は、もう最高の空ですね。だってさらに海まで広く見えて、いつも神々しささえ感じますから。
また、その海や空の移り変わりを拝見しに伺いますね。
Commented by akicosmosA at 2012-04-18 22:51
本当にこの辺りは広くて空の変化がよくわかりますね。
夕闇の街・・・・。ひとりでそちらへ立って見つめたら私は
どんな感情が湧くかしら?
今画像を見てもせつなくなるのはなぜでしょう。
そちらへ行きたい慕情?
Commented by 40ansparis at 2012-04-19 05:24
こすもすさん、ここを眺めて切なくなるこすもすさん、、、お嬢様を遠くから大らかに包む母心でしょう、、、。いつも海を見ると、心の中で(海よりふかーい母の愛.....)とついつぶやくのですが、空も海も、その果てしなく広いところが、安心感でもあり、切なくもさせますよね。
Commented by yumibag at 2012-04-19 08:58
初めまして
憧れのパリ
この写真みるとますます憧れの気持ちが強くなります
本当に綺麗な風景
見てると吸い込まれていきそう
いっそ どんな形でもいいから 飛んで行きたいです
Commented by 森の子 at 2012-04-20 00:19 x
パリのこのひがなが~~い時に行ってみたいものです。こちらはそこまでは長くないけど、でも明るくなりました。今はちょっとの時間に畑仕事をするのが、マイブームです。
Commented by 40ansparis at 2012-04-20 02:37
yumibagさん、はじめまして。このような素人写真なのですが、そう言って頂けると嬉しいです。
この一帯は、パリの中心部と思えないくらいの広場なので、360度ぐるりと広い空を見渡すことが出来るんですよ。
この辺りから、私もかもめか鳥になって、日本まで飛びたいです、笑。
マイペースなブログですが、読んで下さってありがとうございます。
Commented by 40ansparis at 2012-04-20 02:38
森の子さん、日はどんどんまだまだ長くなって、この同じ時間でも、まるで午後2時くらい?と思うくらいまで明るくなりますよ~。
日本も、青葉のいい季節になってきましたね。畑仕事もどんどんのめり込んでいくのでしょうね。。。これからの季節は日差しにどうぞお気をつけて~。
<< 小さな偶然 重い頭の土曜、、、 >>