<< 雨のエッフェルさん Salon saveurs :... >>

Bonjour tristesse : 悲しみよ、こんにちわ

もちろん誰もが知っている、フランソワーズ・サガンの小説「悲しみよ、こんにちわ」。

この秋は、怒涛のサロン続きと季節柄の大忙しで、いつもよりも読書と映画にかける時間がかなり
少なくて、それがストレスです(笑)。

少し前の、サロンの合間の休日、この小説の映画化されたものを初めて観てきました。
c0181947_1261440.jpg

私は初めて観ましたが、これは1958年に公開された、コロンビア製作のアメリカ映画。

サガンの世界、つまりブルジョワのフランス人家庭、サントロペでのヴァカンス、パリ、、とフランスが舞台
なのに、アメリカの俳優達によって(名優ばかりだけれども)演じられて、英語で話される会話、、、、
というのがかなり観ていてやっぱり違和感があったけれど、主演のセシルを演じているジーン・セバーグは、
ブルジョワ家庭のお嬢さんらしい高飛車な物腰や言い方、プライドの高さ、そして若さゆえの残酷さが
共存する難しい役には、不思議と合っていました。

他にもデボラ・カーなど、名優ぞろいですけれど、大体小説の映画化で映画の方が良い出来、ということは
あまりないと私はいつも感じるので、、、、ま、この映画も、やっぱりサガンの書いたフランス語で読む方が
本当の感情の機微を感じ取ることが出来ると思います。

ジーン・セバーグは、ゴダールの「勝手にしやがれ」の雰囲気が強すぎて、最後のエンドロールまで
ずっと違和感を引きずった。

多分、、、私の勝手な想像だけれど、この勝手にしやがれの印象が強すぎて、他のどんな映画の
どんな役を演じても、この印象を拭えない、、、それが後々彼女を苦しめて、結局は他のヒット作に
恵まれず、自殺に追いやった原因にもなったんじゃないかな??

全編この映画ではみんな英語で話しているのだけれど「勝手にしやがれ」でのジーン・セバーグの
英語訛りのフランス語は、なんだかとっても可愛いのを思い出してやっぱりそちらの方が観たくなって
しまう。

サガンもかなり離れていたけれど、またサガンの文体も読みたいな、、、と観終わって思いました。

他にももう少しだけ、観た映画があるのですが、また後日にまとめて感想を、、、、。
[PR]
by 40ansparis | 2011-12-06 17:23 | cinema | Comments(10)
Commented at 2011-12-08 05:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 40ansparis at 2011-12-08 05:57
鍵コメ(p)さま、全然構いませんよ。逆にうれしいです。
励ましのお言葉も有難うございます。今年は特に年齢というものを実感しているので、体調管理気を付けようとおもっています。
Commented by celine at 2011-12-08 13:07 x
お忙しそうですね。
偶然ですが、私も、なぜか、「悲しみよこんにちは」が観たくなって、先週、DVDを借りてきました。何年も前に、一度、観た映画ですが、今回、あらためて観たら、やはり英語で喋ってることに違和感を持ちました。
でも、ゴダールは、「悲しみよこんにちは」のジーン・セバーグを観て、セシルカットそのままの彼女を「勝手にしやがれ」のパトリシアにしたそうです。
「悲しみよこんにちは」も、彼女の運命を決定付けた映画だったのしょうね。
Commented at 2011-12-08 18:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 40ansparis at 2011-12-09 06:45
Celineさん、えーー!偶然ですね。
凄い、私達!私は本は読んでいたのですが、映画は観ていませんでした。ゴダールはこれを観て、、、そうだったんですね!
Commented by 40ansparis at 2011-12-09 06:47
鍵コメ(c)さま、そうねー、彼女はやっぱり南の人だから、全然パリジャンとはちがいますねー。初めてよね?でも「すぐ分かったわ!」とか言ってたよ、笑。いつもありがとね。
Commented by こすもす at 2011-12-09 08:20 x
サガンの本は私の若い若いころの日本の少女が背伸びして
読んだ本かもしれません。
ジンセバーグの髪型流行りましたね。セシルカット★
似合うようで顔が小さくないと似合わない?
少女の無邪気な残酷さ・・・。断片だけ覚えています。;;
当時英語もフランス語もよくわからないので日本語字幕に頼るのみ
違和感・・それさえもわからず;; 汗;;
私ももう一度観てみたくなりました。
サガンのブラームスはお好き*これも好きでした。
Commented by 40ansparis at 2011-12-10 06:38
こすもすさんも、この映画はご覧になったのですね。私も日本に住んでいた時に観ていたらそんなに違和感は感じなかったかもしれません。このベリーショートが似合う人は、そうたくさんはいませんよね。
Commented by いっこさん at 2011-12-13 22:43 x
私もこんなヘアスタイルにしたい。(完全なつぶやきでした)
Commented by 40ansparis at 2011-12-14 08:07
いっこさん、ショートスタイルって難しいですよね。毎朝出勤前に常連カフェで会う女の子で、本当にこれにそっくりな子がいるんですよ。ジーンセバーグと彼女がいつも私の頭の中で混同してしまうんです。
<< 雨のエッフェルさん Salon saveurs :... >>