<< エスパドリーユ お店もあちこち、ボン・バカンス~! >>

un amour de jeunesse : 若き日の愛

c0181947_5471881.jpg

題名的に、最初は観るつもりがなかったこの映画。もう2回観ました。

ただ、普通の青春恋物語かと思っていたところ、雑誌や新聞などで結構取り上げていて、前批評もかなり
よくて、それなら、、、、と観てみたら、以前ひとつ同じ監督の映画を観ていました。

監督は若い女性です。この映画は、嬉しいサプライズでした。期待していなかっただけに。

まるでロメール監督の最新作を観ることが出来たような、すごく瑞々しい、せつない映画でした。

映画の冒頭、「フィルム・ロサンジュ」と配給会社の名前が出て、まずロメールの映画と同じ配給会社で
もしかしたら、これは、、、、、と予感がして、あっという間に引き込まれてしまっていました。

ありのままの日常のパリの街並み、美しいフランスの田舎、時に哲学っぽい若い二人の長いセリフ、
若いふたりも自然な演技、実にロメールの映画のような、同じ匂いのするいい映画でした。

私の今年の上半期のベスト3に間違いなく入りそうです。
一年を振り返ると、たくさん観た映画がありすぎて絞れないので、今年は出来たら8月で一旦振り返って
上半期のベストをまとめようと思います。
[PR]
by 40ansparis | 2011-07-22 22:43 | cinema | Comments(4)
Commented by Cecile at 2011-07-24 02:52 x
上半期ベスト編、楽しみ♪ カナダではフランス映画の公開数が少なく残念。公開されても3週間で打ち切りになっているし(涙)
Commented by 40ansparis at 2011-07-24 17:35
Cecileさん、カナダにもフランス語の地域があるのに、、、。でもケベックだけ、、、ということなのでしょうかね?以前映画で聞いたケベックのフランス語、違う言葉などがあって面白かったです。パリは人の入りが悪いとどんなに評判だった最新映画でも、1週間で打ち切りになったりしますよ(笑)。
Commented by fuki at 2011-07-25 21:56 x
ぜひ、日本でもみたいものです。はい!!
Commented by 40ansparis at 2011-07-27 05:21
fukiさん、東京なら、単館系のどこかで上映があるかもしれませんけどね。。。パリでも、ものすごく話題になっている訳ではなく、むしろマイナーかもしれません。上映している映画館も決して多くないんですよ。
<< エスパドリーユ お店もあちこち、ボン・バカンス~! >>