<< パリの日本支援、続いてますよ ちょっと私信 >>

Minuit a Paris : (パリの真夜中)

今回のカンヌ映画祭のオープニングを飾った、先日公開されたばかりのウッディ・アレンの新作を
観てきました。

今回の映画は、パリを愛するウッディ・アレンが、パリを舞台に撮影した映画で、大統領夫人のカーラ・
ブルー二が出演していることでも話題になりました。
c0181947_1335941.jpg


評価は今ひとつのようですが、、、でも今回のポスターがまず、私嫌いじゃないです。
雰囲気として、ゴッホなどの絵画の中に主人公が溶け込んでいるようなポスター、その秘密は
ストーリーに隠されているんです。

私はそれほどウッディ・アレン派ではありませんが、わりと彼の映画は観ていることは観ています。

今回は、最近の彼の映画によくある、アメリカが舞台の軽い恋愛ものとはまたちょっと違う雰囲気です。
これもパリの美しさがそうさせてしまうマジックなのかしら?

ストーリーはうまく説明出来ませんが、、、ちょっとファンタジーっぽくて、それがきっとあまりよい批評に
なっていないんじゃないかな、、、と想像しています。

ただ!冒頭にしばらく流れる美しいパリの景色の数々、それがウッディ・アレンカラーとなって映し出されて
それだけでも感動します。

私の好きなロダン美術館、よく歩くオデオン交差点やその界隈、仕事場から遠くないカフェのある交差点や
リュクサンブール公園、、、、、そしてモンマルトルの坂や、、、、、、普段観ているフランス人監督が
撮るパリとはやっぱり何かが違う、ウッディ・アレン独特のカラーで撮られているパリの街並や景色。

晴れ、くもり、土砂降り、昼間、夜、、、、本当にパリは美しい!と感動してしまいます。

設定で20年代になるシーンがあるのですが、そこに登場するのが、20年代の女性を演じるマリオン・
コティアール。彼女の20年代のスタイル、ワンピースがとっても素敵でした。
ちょうど、彼女は赤ちゃんが産まれたばかりです。そして仕事場のお店にもいらした時があり、
エディット・ピアフの映画で一躍有名になって、ハリウッドからオファーが来るようになってからでも
飾らないシンプルな人柄で、私はお店でお会いして以来、ずっとファンです。
c0181947_1442991.jpg


ウィットに富んだ軽快な会話も、ウッディ・アレンの映画の特徴でしょうけれど、今回は、主人公の
アメリカ人男性が、パリの街で夢見がちになっていくので、セリフもとっても詩的で、パリを賞賛する
セリフの数々は、、、、多分、パリを愛する監督自身の思いなんじゃないのかな、、、、と感じました。

日常の汚い部分を一切排除した(笑)美しい夢のようなパリ、それがこの映画で観られるわけですが
でも、結局、私はもっと日常の裏の部分も映し出したパリを描いた映画の方がずっと共感出来るかな。。。。

こんなにパリを美しく撮れたのは、ウッディ・アレンがフランス人ではなくて、外国人だからでしょうね。
パリを離れた人、パリに住んでいたことがあり、今現在違う場所に住んでいる、そんな人がこの映画を
観たら、わ~~!パリに行きたい!としみじみ思うでしょう。
[PR]
by 40ansparis | 2011-05-23 18:25 | cinema | Comments(10)
Commented at 2011-05-24 05:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mimijean at 2011-05-24 05:54
*これ、この日曜日に観るって話してたでしょ。延期にしたの。今週末くらいになりそう。
日本人の評は、まずまずよさそうね。。。なんせAPRISがきれいに撮れてるからね。
わたしもみたら、また感想かくね!!
Commented by 40ansparis at 2011-05-24 17:26
鍵コメmさん、ありがとう!!
Commented by 40ansparis at 2011-05-24 17:31
Mimiちゃん、英語を聞きながらが、何時も思うけどつかれるんだけど、それでもパリが綺麗よーー。mimiちゃんはどうかんじるかな。。。
Commented by プラム at 2011-05-25 07:33 x
はじめまして
いつも楽しみに拝見しています。
初コメント!!
来月パリに行くのですがお勧めスポットありますか?
美しい所ありすぎて行きたい所満載です。
Commented by こすもす at 2011-05-26 00:24 x
ウッディアレンの映画・・案外観ています。
パリが綺麗に~**私もうそれだけで観たいです。
>日常の汚い部分を一切排除した(笑)美しい夢のようなパリ・・うふふ
それもいいし、>日常の裏の部分も映し出したパリを描いた映画 も
それもよしです~**
Commented by 40ansparis at 2011-05-26 05:11
プラムさん、読んで下さっていたとのこと、ありがとうございます。
パリには初めてでしょうか?それとも何度かもういらしたことがあるのかな?それによっても違うと思うのですが、私の本当に個人的な好みだけで申し上げると、ロダン美術館は是非足を運んで欲しい場所です。ロダンの家とアトリエがあったところで、今もとっても綺麗なお庭と館の中でロダンの彫刻を見ることが出来ますよ。
Commented by 40ansparis at 2011-05-26 05:12
こすもすさん、正直申し上げて、この映画は、あまりストーリーに期待してはいけません(笑)。とにかくパリを美しく撮ったなあ、、、、!と感動する映画だと思って下さいね。彼の映画はだいたい日本でも公開されますから、きっとそのうちに観ることが出来ますよ。
Commented at 2011-05-27 07:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 40ansparis at 2011-05-28 05:18
鍵コメさま。返事が遅くなりました。メールしますね。
<< パリの日本支援、続いてますよ ちょっと私信 >>