<< モネの色 まだまだ日本応援の動き >>

Pina

c0181947_18542955.jpg

復活祭商戦に入る前に観た、監督ウィム・ヴェンダーズのドキュメント映画。素晴らしかったので。

ウィム・ヴェンダーズが何故モダンダンスのドキュメント映画を?と不思議に思ったら、2009年に
亡くなったドイツの舞踊家ピナ・バウシュとは20年もの友人関係にあり、彼女の創作活動を映画にしたい、と
製作していたのだとか。映画制作途中に彼女が亡くなってしまったのですが、彼の独特の演出で
ただ舞台を作り上げる裏側を撮るドキュメントではない、印象的なひとつのテアトルのような作品に仕上がって
いました。

c0181947_18583975.jpg

自分の親類も舞踊家。私も小さい頃から20代初めまでモダンダンスをしていました。

何人も舞踊家の先生を知っているけれど、全ての舞踊家がすべてピナの人生や情熱に重なるのでは
ないかと感じました。

ただ、ピナの舞台は本当に独特。テアトル型ダンスと言われていたようで、スタイルが半分テアトルのような
演劇風でもあり、きちんとベースには鍛え抜かれたダンサーの肉体があって、あまり見たことのない
スケールの大きさと大胆さ。残酷なテーマや人生の中の愛や欲望や憎しみを、包み隠さず大胆に表現する。
c0181947_193575.jpg

舞台に氷の巨大な塊が登場して、溶けていく水で水浸しになって踊るダンサーたち。
違う舞台では土が一面に敷かれて、土まみれになって踊るダンサーたちの白いドレスが土色に染まって
いく。
綺麗ごとだけじゃない、まさに人生そのもの、体を張って、たまには危険と隣り合わせで踊るダンサーたち。

さらに監督は、ドイツの普通の街中でダンサーたちを躍らせて独特な演出をする。圧巻。

ピナのことをよく知らずに、年明けに観た映画も、実はピナのダンスだったし、10年以上も前に観た
スペイン映画「トーク・トゥー・ハー」の冒頭もピナの振り付け、ピナ本人も登場していた、ということを
後で知り、、、知らずに彼女の踊りに触れていたのだと今更ながら勉強させられました。
c0181947_19102282.jpg

そして何よりも、彼女の舞台衣装のドレス、ワンピースがとっても素敵。
テロン、と着れるワンピースやカシュクールが好きなのは、多分小さい頃からのお稽古着や衣装の
影響かもしれない、、、と映画を観ながらあらためて思った私。

3Dメガネで観る、彼女の舞台、物凄い臨場感に溢れていて、ドキュメントを超えた素晴らしい映画でした。

*ちょっと私信   母Tさん!あれ、読んだよ~!おめでとう~!!私も嬉しい!
[PR]
by 40ansparis | 2011-05-01 11:46 | cinema | Comments(8)
Commented by sahobo at 2011-05-02 00:34
こんにちは。おひさしぶりです。
この映画、本当に素晴らしかったですよね!
久しぶりに良い舞台を見たような、感動が長く続く作品でした。
ダンスもだけれど、演出、音楽、衣装、もちろんダンサー達、とすべてが素晴らしくて・・・。魂を揺さぶれた感じでした。
私もあのドレスの滑らかなライン、色にうっとりしてしまいました。
続けて2回観たのですが、また観にいきたいくらいです。

私も後から「トーク・トゥー・ハー」のことを知って、また「トーク・・・」も観たくなりました。
Commented by fuki at 2011-05-02 08:26 x
ですか。ぜひ、私も見てみたい。ヴェンダースもダンスもピナも大好きですから〜。
みたいみたい〜。
Commented by 40ansparis at 2011-05-03 04:59
sahoboさんは、やはり観ていましたね。そうそう、音楽もよかったですね。あんなに大胆に、タブーな主題まで表現するのはヨーロッパならではですよね?日本だと、観客が拒否反応を示しそうな部分もありますよね。そういう意味で包み隠さず大胆に表現しているところが逆に素敵でした。私もまだ上映しているところさえ見つかったらまた観に行きたいんです。
Commented by 40ansparis at 2011-05-03 05:00
fukiさん、それでしたら是非是非ご覧になって頂きたいです。お住まいのところでご覧になれるといいのですが、、、。
Commented by kanafr at 2011-05-03 06:45
このポスター凄く気になっていたんですよ。
チラッと横目で見ただけなのになぜか強烈な印象があって..。
そういう映画だったんですね。
ダンスって肉体のパーツ一つ一つが表現の手段なので、本当に見るものをグイグイ惹きこむ強さがありますね。
我が家の近くの映画館でやっているかどうか見てみます。
Commented by 40ansparis at 2011-05-04 22:34
kanaさん、ポスターだけでもインパクトがありますよね。ご興味があれば、是非ご覧になって下さいね。ぐーぐー眠っているいびきも聞こえたので(笑)、セリフもほとんどありませんし、退屈な人もいるとは思いますけれど、私は自分もしていたので、お稽古場面や舞台、全てにとっても入り込んで観てしまいました。
Commented by Mimijean at 2011-05-05 01:45
*この映画、上映されるかなり前から話題になっていたよね。
ヴィム ベンダースとピナ、ドイツ人だよね。
ヴィム ベンダースって、この前ふと思ったんだけど、ドキュメント、結構撮ってるよね。
マドレデウスの「 Lisbon Story」や、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ「 Buena Vista Social Club」、両方とも大好きな映画のひとつ。人間を上手く撮ってる。
これも前から観たいと思ってたのだけど、映画の3Dが私、どうも好きじゃないのよ~。
Commented by 40ansparis at 2011-05-06 17:41
mimiちゃん、そう、モダンダンスの発祥はドイツなのよね。ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブもよかったね~。私もディズニー映画の3Dは苦手なんだけど、、あのメガネをかけている違和感がね、でも、このピナの舞台を3Dで観ると、本当に舞台を目の前で観ているような臨場感があって、凄かったよ。
<< モネの色 まだまだ日本応援の動き >>