<< l'aube : 夜明け 雪と太陽 >>

Nowhere Boy : L'histoire de la jeunesse de John Lennon

Nowhere boy.......どこにも自分の居場所を感じることが出来なかった、10代の少年時代の
ジョン・レノンを表している、この映画の題名。

10代の頃、私も夢中になって恋したビートルズ。でもジョンのこの少年時代の話は私は全然知らなかった。
c0181947_257481.jpg

叔父・叔母に育てられたジョンが、叔父が亡くなった際、近所に実母が住んでいることを知ってしまう。

自由奔放な実母は、まるで恋人のようにジョンを可愛がり、厳格な叔母と全然違う優しさが嬉しくて
ジョンは叔母に隠れて実母に会いに行くようになる。
c0181947_332496.jpg


でもこの実母との時間が、ジョンに新しい息吹を吹き込んで、ギターや音楽に目覚めるきっかけにも
なるのだから、もし存在を知らないままに生きていたら、ジョンはビートルズのジョンにはならなかった。

その後、自身の出生後のいきさつを知ることになり、結果的に自分を「捨てた」両親の行動にジョンは失望。
実母と育ての母(叔母)の間で揺れ動く、10代の繊細なジョンの心が見ていて切ない。

失望感に打ちのめされて、ますますジョンはエルヴィス・プレスリーの影響も受けてロックにのめりこんで
行く。その後、不良仲間と始めたバンドをきっかけにポールと出会う。このときポールもまだ15歳!

ジョンの心の叫びを描いた、素晴らしい映画だった。。。ジョンを演じた俳優も、声までジョンに似ていて
若い時のジョンの実際の写真とダブってみえました。そして英国の不良たちの品のいいこと!

エンディングでジョンの歌声で「Mather」が流れて、英語よりもフランス語の字幕で歌詞を目で追って
はっっとした私。
そっか、、、、この歌って、、、そういう事だったのね、、、、、ジョン。。。。と涙が溢れて止まらなかった。

*12月8日はジョンの命日でした。もうあれから30年が経ちました。

Mother, you had me but I never had you,
I wanted you but you didn't want me,
So I got to tell you,
Goodbye, goodbye.
Farther, you left me but I never left you,
I needed you but you didn't need me,
So I got to tell you,
Goodbye, goodbye.
c0181947_3203350.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2010-12-12 18:46 | cinema | Comments(6)
Commented by morinokochaorin at 2010-12-13 22:41
ジョンってそういう人生があったのですね~。昔オノヨーコさんと知り合ってなぜ結婚までにいったのか不思議に思ったのよ。以前のTVでジョンはすごく有名な人だったけど、ヨーコさんのおじいさまは東京の日比谷公会堂を造られた方なの。だから会うべくしてあったのよね・・・っと樹木希林さんがおっしゃっていた一言が心に残っています。
Commented by 40ansparis at 2010-12-14 05:54
森の子さん、この少年時代を知ってからジョンの歌の歌詞をよーく見てみると、愛情に飢えていた、寂しい少年時代の心の叫びが、見えてくるんですョ。。。いい映画でした。オノ・ヨーコさんのおじいさまが日比谷公会堂を造った方なんですか?知りませんでした。
Commented by mimi at 2010-12-14 08:08 x
*これね!あれから、私も、見に行こうと思い、lapinちゃんがブログで書くの待ってたの。殆どの映画館が明日までなのね。唯一、来週までしてるのがLe balzacだから、休みに見に行くわ。
john LENNONの歌詞は、なぜか私もよーく見るの。その時代の彼が見える歌詞がおおいよね。
Commented by 40ansparis at 2010-12-15 07:20
mimiちゃん、よく私がこの映画について書くって分かったね~。観た映画のほとんどは、書けずに終わっているのに。だって、全部書いていると映画ブログになっちゃうんだもの(笑)。パリはどこかしらでまだまだ上映しそうだけどね。私は少年時代のこの話は全然知らなかったから、泣けて泣けて仕方なかったョ。。。。
Commented by Cecile at 2010-12-15 13:39 x
Johnがそんな人生だったとは知りませんでした。この映画、カナダでも公開されないかな。あ、ちなみにウチのダーリンの本名もJohnです。
Commented by 40ansparis at 2010-12-16 00:37
Cecile さん、私はてっきり、ジョンの命日に合わせて世界的に同じ頃の公開だと思っていたのですが、、、きっともうすぐ公開されるんじゃないでしょうか?ホントにいい映画でしたよ。ダーリンもジョンでしたか。。。
<< l'aube : 夜明け 雪と太陽 >>