<< とうとう氷点下です tarte au citron... >>

30年前、30年後

11月も最終日。
秋はいい映画がたくさん観れて、いろんなことを感じたのですが、なかなか映画のことをゆっくりと
思い出しながら落ち着いて書く時間をとれずじまいでした。

先日観た、フランソワ・オゾン監督の、いつものラブ・ストーリーとはちょっと違う、コメディ映画。
映画も面白かったけれど、俳優陣が興味深かったのです。

1980年に公開された、トリュフォーの「dernier metro」。この時、二人は若く美しかった~!
c0181947_7455894.jpg


この二人が久しぶりに共演したのは、オゾン監督の「Potiche」。
c0181947_7473448.jpg

トリュフォーの映画からちょうど30年が過ぎて、、、、ドパルデューは熊さんのように大きくなってしまい
ましたが、、、、。今でも二人はフランス映画を代表する大御所俳優です。

でも、オゾン監督に拍手したのは、カトリーヌ・ドヌーヴに今まで、こんな格好を依頼した監督はいなかった
ということ。。。。
役どころは、会社社長夫人なのですが、普段の生活のシーンで見せる、ジャージー姿のランニング姿や
カーラーを巻いてネットをかぶせたままの朝ごはんとか、ダサいエプロンをジャージーの上からかけて
ニンジンの皮をむいていたり、、、、、。

そう、こういうドヌーヴが観たかった(笑)。と誰もが思ったかどうかは?ですが、館内は年配のフランス人
マダム達で一杯でした。
こういうシーンを、ドヌーヴ様にさせて楽しい映画を作ってしまったオゾン監督、凄い!と思わずには
いられませんでした。

オゾン監督の、今までの、ヌーヴェルヴァーグのようなラブ・ストーリーとは違う、とっても笑えて
設定の60年代ファッションやデコレーションまで楽しめる、只今大ヒット中の映画。

大好きなファブリス・ルキー二氏も社長役。ロメール時代から活躍の、こちらも大俳優。
この人俳優として大好きなのですが、かなり早口なのと、話し方が、とってもフランス語を話しにくそうに
話すので、見ていると苦しくなる私です(笑)。

c0181947_7554447.jpg

フランスの変わらない伝統であるストや政治もからめた、フランスらしいコメディでした。
[PR]
by 40ansparis | 2010-11-30 23:40 | cinema | Comments(4)
Commented by mimi at 2010-12-01 09:02 x
*lapinちゃん、笑ったよ~。「DEPARDIEUは、熊さんのように大きくなってしまいましたが。。。」私もね、いつも、古い映画のDEPARDIEUを見るたびに思ってたの。熊さんとまで発想はしなかったけど、昔に比べて、えらいでかくなったな~と。笑
Commented by こすもす at 2010-12-01 23:12 x
ドヌーヴ大好きな女優さんです。日本でも2本封切られています。
まだ観てないんですが;;
この映画も面白そう!ドパルデューさん本当に大熊でrすね(笑)
昔シラノドベルジュラクをみました・・・。

パリ・・カフェ・ドゥ・マゴ絵になりますね・・。メトロを出てここが基準で
歩きます(笑)
下記のれもんクリームのタルト美味しそうですね。
次回はスイーツをたくさん食べます~**

日本のケーブルテレビでゴダール特集をしていましたが
ちょっと難解だなあ~;;
Commented by 40ansparis at 2010-12-02 06:12
mimiちゃん、だって、ホントにえらいでかくて、画面におさまりきれない時があるくらいでしょう~?笑。
ちょうど夏にリバイバルで「dernier metro」を観れて、ふたりの若さと綺麗さをあらためて感じて、特にドパルデューの細さにびっくり!笑。
Commented by 40ansparis at 2010-12-02 06:15
こすもすさん、ドヌーヴは相変わらず貫禄たっぷりですよ。。。でも、この映画くらい気取らない役柄って意外にあまりないんじゃないかしら。
ゴダール特集だなんて、日本もなかなかやりますね~。確かにトリュフォーやロメールよりも、難解な作品、過激な作品が多いかもしれませんね。私の中では、北野武さんと同じ匂いがします。本人も街で見かけたことがあるのですが、、、独特の個性でしたョ。ある意味、変わっていません。
<< とうとう氷点下です tarte au citron... >>