<< les chansons d&... 貸切 >>

運命の分かれ道

テラスに直射日光が当たるカフェやビストロと、どうしても日陰になってしまうお店では
お客様の入り方が確実に違ってきます。。。。
c0181947_645829.jpg


この太陽が輝く季節のみ、外にわざわざテーブルと椅子を並べ始めるレストランもよく見かけます。
直射日光の当たる位置が、売り上げの分かれ道。。。。
[PR]
by 40ansparis | 2010-07-13 23:41 | cafe | Comments(8)
Commented by evecookymama at 2010-07-14 08:42
ラパンさん
野ネズミでしたか・・ホント可愛い!
歳を重ねると、お肌の事や眩しさに耐えきれず日陰を好みます。
パリでは、席はどんなふうに詰まってゆくのかしら?
日本では隅っこからなんですよ~なんとなく、隅っこのほうが落ち着くのでしょうか?
Commented by トミミン at 2010-07-14 12:20 x
わぁー、この赤、いい色ですねー。
日本だとなかなかこういう色ないんですよねー。
建物自体もお洒落な感じがしていいなぁ!
わたしも寄る年波には勝てず、日陰を好んでしまいますねー。
フランスの人はシミとかソバカスとかあまり気にしないのかな~。
そんなところもおおらかでいいですね!!
Commented by morinokochaorin at 2010-07-14 18:11
やっぱり夏じゃないとテラスはね・・・・冬見るとすっごく寒そうだったもの。夏のゆる~いぱりも良いかもなあ
Commented by akicosmosA at 2010-07-15 00:20
赤いお店・・惹かれます。
私も夏は日陰、冬は日向ですね(笑)
やっぱりパリは魅力的~**
Commented by 40ansparis at 2010-07-15 08:02
evecookymamaさん、パリでは、間違いなく直射日光が当たっている席から埋まります。これ、ホントです。みんな「太陽、太陽、、、」と言いながら。。。
Commented by 40ansparis at 2010-07-15 08:04
トミミンさん、そうですね、赤って海外の赤と日本の赤は微妙ですけれど、確実に違いますよね。車の色の赤もそうですし。以前私も赤い車に乗っていましたけれど、国産車にはない、いい赤だったので気に入っていました。
フランス人は、シミとかしわとか、そばかすよりも、日焼けすることの方を選びます。美白という概念はまったくありませんョ。
Commented by 40ansparis at 2010-07-15 08:05
森の子さん、雰囲気のあるカフェの場合、冬のテラスもなかなかいいんですよ。夏のテラスとは別物です。夏のゆるーいパリ、旅行で来るなら、きっといいかもです(笑)。。。
Commented by 40ansparis at 2010-07-15 08:07
こすもすさん、赤に限らず、ヨーロッパの色使いは、お店の外観のカラーにも現れていますよね。逆に、たまに友人や知人に頂く和菓子などのパッケージの色使いはヨーロッパにはない、優しい和の中間色の魅力を感じてしまいます。
<< les chansons d&... 貸切 >>