<< フランスのノベルティ en panne : 故障中 >>

A bout de souffle....

何度観たことでしょう、この映画。

今年は製作から50周年だそうで、また再上映しています。
c0181947_5395670.jpg


何度も観たけれど、パリのいいところは、、、映画館のスクリーンで観ることが出来ること。

この映画は、監督のゴダールの、彼の破滅的だったり暴力的だったりする部分と、シナリオ案がトリュフォー
なので、トリュフォーの繊細さ、両方を感じ取れるヌーヴェルバーグの代表作だと思います。

相変わらず、若き日のベルモンドは、ドナルド・ダックみたいな声だけれど、みんながセクシーでカッコいい!
と絶賛する若き日のアラン・ドゥロンより、私はずっとずっとベルモンドの方が好き。
[PR]
by 40ansparis | 2010-07-07 22:37 | cinema | Comments(10)
Commented by villagecafe at 2010-07-08 06:53
この映画、ちょうどこちらでも50周年記念で上映されているんですよ!私も観に行こうと思っていたところでした。
私も好きなトリュフォーやゴダールの映画、、、字幕なしでフランス語で理解できたらどんなにいいでしょう。
40ansparisさんが羨ましいです!
Commented by akicosmosA at 2010-07-08 18:21
これが話題のころは全くわからない子供でした。
映画も観てなくて内容だけ把握していいました。
ただジンセバーグの髪型が世界中で流行ったとか。
私でも憧れたセシルカット?でした。(うろ覚え)
軽い感じのベルモンドは実は知性派アランドロンは実はチンピラだという
話を昔聞きました?でもアランドロンは日本では今も人気があるようです。次女にパリでの位置はと聞いたらすごいこと言うので
ここには書けません。(笑)
トリュフォー、ゴダール映画あせないですね。
Commented by celine at 2010-07-09 00:57 x
私も何度観たか、分かりません…。
初めて観たのは、銀座の今はない名画座。映像、セリフ、音楽、ファッション、すべてが衝撃的、刺激的でした。ドロンファンからあっさりベルモンド派に心変わりもしました。
この映画だったら、日本語の字幕がなくても大丈夫だな。
8月に入っても、まだやっているといいな~。
Commented by kanafr at 2010-07-09 02:00
ベルモンドは有名な芸術家だったお父様の影響からか芸術にも深い知識と関心のある方だって聞きました。
最近又Diorのコマーシャルで若いアラン・ドロンの画像が使われていますよね。今も好きじゃないけれど、昔のお顔を見たら素敵!って思うかなって思いましたが、やはりあの口元の品のなさが苦手だなあと、あらためて思った次第です。
Commented by 40ansparis at 2010-07-09 05:27
villagecafeさん、まあ、NYでも?ジーン・セバーグの英語なまりのフランス語が可愛いです。彼女は、この映画のあとは、あまり幸せな人生じゃなかったようなので、観ていて切ないです。
Commented by 40ansparis at 2010-07-09 05:30
こすもすさん、私、もともとアラン・ドゥロンはタイプじゃないのですが(笑)、確かにフランスでの存在は?と言われると、、、私もここでは伏せておきます。。。(あまり評判自体はよろしくない、、、ので) ベルモンドは芸術家の家に生まれているので、、ちょっと違うタイプでしょうね。
Commented by 40ansparis at 2010-07-09 05:32
celine さんは、、、そうか!ドゥロンファンでもあったんですね?!これは失礼(笑)。 ホント、色褪せないですし、褪せないどころか、最近の映画と同じお金を払うのなら、、なんてお得!贅沢!と思ってしまいます。もうひとつ、大好きな名画を先日スクリーンで観ることが出来たのですが、それはまた後日にでも。8月、やっているんじゃないかしら?
Commented by 40ansparis at 2010-07-09 05:36
kanaさん、そう、ベルモンドのお父様は彫刻家でしたっけ?私も、あのコマーシャルを何度見ても、、、、やっぱりタイプじゃないのです(笑)。
Diorのオー・ソバージュのコマーシャルは、彼じゃないバージョンのポスターの方が好きです。。。
Commented by evecookymama at 2010-07-10 05:00
はじめましてm(__)m
こちらは、奈良の片田舎にすむおばさんです・。いつか行きたいパリ・・・憧れのパリ・・シャンソンのパリ
色々とパリの様子を教えてもらって・・たのしいです。
ぜひリンクさせてください。
それから、ジャン・ポール・ルモンドの「勝手にしやがれ」のベルモンドはセクシーでカッコよかった!
Commented by 40ansparis at 2010-07-10 05:10
evecookymamaさん、こんにちわ。読んで下さってありがとうございます。リンク、どうぞどうぞ。私も頂きますね。
憧れのパリ、というイメージを壊すようなこともいろいろ書いておりますが、住んでいるといろいろありまして。。。(笑)。
この「勝手にしやがれ」という邦題は、ちょっと私には不思議に感じるんですよ。
<< フランスのノベルティ en panne : 故障中 >>