<< 雪が降る・・・・? 凍る寒さ到来 : coup d... >>

rouge

ノエルが近いと、何故かお花屋さんのウインドーは、赤い花を置いているところが多いのです。
c0181947_6583487.jpg


まだまだ私はルージュよりもローズの方が好き。未熟だわ。
c0181947_704172.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2009-12-15 06:56 | ひとりごと murmure | Comments(8)
Commented by RYU at 2009-12-15 12:16 x
何をしても何でこんなに違うのかな?文化の差?
何、写真の腕だって!
Commented by 森の子 at 2009-12-16 01:06 x
たった2枚なのに・・・・私も思います。とってもセンスが良い!以前はアパレル関係とか書いてらっしゃいましたよね?違ったかしら。・・・・どちらにしても・・・・ああ、こんな切り取り方ができるようになったらなあ・・・・

パリの花屋さんって花の種類がたくさんで、個性的なアレンジがたくさん出来そう。こちらは個性がなく、カーネーション、薔薇、百合とかとかなの。季節の花がもっとあると良いのにって思いますよ~~~
Commented by 40ansparis at 2009-12-16 06:33
RYU さん、個人的に思うのは、、、大人中心の成熟した社会 VS 子供(ロリコンかな)中心の未成熟社会、の差でしょうネ。同じピンクの色の出し方が、もう違いますよね。あ、赤も違いますね、微妙に。ほんのわずかなのに、違いますよね~。
Commented by 40ansparis at 2009-12-16 06:36
森の子さん、そう、パリのお花はたとえ同じバラでも、日本でなかなか見つからない、微妙なスモーキーなカラーのバラがあったりして、選ぶ楽しみがたくさんありますね。ひとつひとつのお花屋さんが、アーティストのような感覚で飾っていたりするところもちょっと違うでしょうか。でも、逆に日本では当たりまえのもみじとか、欧米で手に入りにくいものは、たいしたことのない枝でも高かったりするんですよ。
Commented by whitelacenonyo at 2009-12-16 09:54
ルージュ。!!花を飾る時は白い花が多いのですがこの冬、
ノエルの食卓は濃いめの赤い薔薇を探して飾りました。

フランスは行くたびに、成熟した大人の社会の成り立ちを感じます。
悲しいかな
日本は若者文化がまかり通り、度々、違和感を感じます。
だから・・・来世はフランス人に生まれたい、そして恋多き人生を!
なあーんていつも言っており夫はじめ、友人の失笑を買っている私です。

一昨日、夫とコンサートに行った帰り、表参道のイルミネーションを見にかてら、行くと若い人ばかりで、私世代のカップルはあまり見かけませんでした。21時ですよ 時間は。
食事どころも2軒今日はもう、終わりですと断られ、夫いわく
パリならこれからの時間なのに・・・
不況だけでではにような・・・さびしい。
Commented by こすもす at 2009-12-16 18:59 x
パリスタイルと日本では呼ばれている生け方がすごく好かれています。
私も今すごく惹かれ中です。
色がなんとも言えず大人感覚で赤の置き方も素敵ですねえ。
パリのお花屋さん何度も立ち止まりました。
花をみただけで生け方が浮かびサッとセンスよくアレンジできるように
なりたいです。
本だけはたくさんあるのですが生けるとなると難しいですね。
やはりセンスの問題なのかもしれません。;;
Commented by 40ansparis at 2009-12-17 07:05
whitelacenonyoさん、本当に日本っていつも思うのですが、残念ながら未成熟社会ですよね。女性への扱い方も。テレビも映っているのは子供が多いし。。
パリもさすがにここ数日の凍る寒さだと、ビストロなども満席ではないようですけれど、それでも21時は、まだまだこれからディナーの時間ですよね。しかも大人たちがゆったり楽しむ時間。日本は大人たちも忙しすぎたりして21時はまだまだ残業時間(以前の私も、、、)の真っ最中ですものね。働きすぎない余裕、というのも、そういう意味では大切かもしれません。
Commented by 40ansparis at 2009-12-17 07:08
こすもすさん、私もお花は見るだけでも頂くのも好きですが、自分で生けるのはさっぱりセンスがありませんよ。
教室にそれでも通おうとも思っていないし(笑)。
パリで見ていると、パリスタイルといっても、いくつか違うスタイルがあります。とってもモダンな洗練されたスタイルや、一方田舎の庭から摘んできたようなスタイルや、、、。それぞれがスタイルを持っていてはっきりしているので、お客様も好きなお花屋さんを選びやすいのかもしれませんね。
<< 雪が降る・・・・? 凍る寒さ到来 : coup d... >>