<< le soir 知らぬ間に >>

Toussaint

c0181947_2348697.jpg

11月1日は、フランスではToussaintといって、日本のお盆のような日にあたります。
故人のお墓に菊の花をお供えする日。
お花屋さんの店先には、菊の花がたくさん飾ってありました。

そんな今日は朝から霧がかった小雨の一日。
でも、雨の日は、空気が透き通って、アスファルトの埃も洗い流されて、雨の日の匂いがして
私、嫌いじゃないです。
c0181947_23513283.jpg


日本のような夏のお盆もいいけれど、秋のしっとりしたこんな日にお墓参りというのも情緒あって
いいかな。

ふと、店先で、ミニシクラメンが目に止まって、家に連れてきました。
母、Tさんがいつも窓辺に置いていた花。
今の時期、パリのお花屋さんでも、秋の色オレンジ系のものや秋冬の雰囲気を出す枝ものが
目につくのですが、ほおずきや猫柳なんかがあると、とっても和を感じて不思議な気持ちになります。
c0181947_2358719.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2009-11-01 15:46 | ひとりごと murmure | Comments(10)
Commented by melissa-aroma at 2009-11-02 02:12
こちらも1日は雨でした。
フランスで菊の花?!お墓に菊の花をお供えするなんて、まるで日本のようですね^^ほおずきや猫柳もお花屋さんで見る事ができるなんて知りませんでした!^ほおずきはこちらでも高いんですよ。この夏初めて知りました(汗)
これまでは母が飾っているのを見てるだけで、値段なんて気にもしなかったのに・・・母がいなくなって初めて知る事が沢山です。それにしても寒いのにほおずきがあるんですね~。夏のものばかりと思ってました^^;
Commented by 40ansparis at 2009-11-02 06:03
melissaさん、そうなんですよ。フランスも菊の花はお墓にお供えするお花で、だから贈り物には絶対使わないんですって。日本と同じなんですよ。ほおずきはかなりお洒落なお花屋さんでも見かけるんですよ。小さなかぼちゃとかと一緒で、秋の雰囲気を飾る装飾用みたいに使われるようです。私も田舎では小さい頃、普通にその辺にほおずきがあったので、気にしていませんでした。日本でも高いんですね。お母様との思い出、大事にして下さいね。
Commented by ahiru-in-paris at 2009-11-02 06:48
lapin さん、こんばんは♬ 一番初めのお写真、あまりにも素敵で、今の季節感というか空気感がすっと切り取られている感じがして、魅入ってしまいました。秋ですねぇ。かさこそと踏み甲斐のある枯れ葉の季節、なぜか頭の中は一足先に「雪は降〜る〜、あなたは来ない〜♪」です。。。
Commented by RICA at 2009-11-02 18:12 x
先日お店に伺いましたよ~!
vacancesと云う事で。。。残念!
丁度お店の斜め前でExposition をさせていただいていました。
Commented by こすもす at 2009-11-02 19:51 x
日々の風景、ひとりごと写真から言葉が伝わってきます。
なぜかそれは切なかったり温かかったり~**
枯葉は次の季節の入り口に思えます。
下記のデッサン・・・ラパンさん美しく哀愁帯びた横顔ですね。
とても素敵な絵に思います。
ちょっと前の東郷青児のような感じもします♪
パリの日常をラパンさんの感性で切り取ってそれがすーと心に入って
これも一枚の絵ですね。
日本も明日は相当寒そうです。
Commented by 40ansparis at 2009-11-03 05:52
ahiruさん、枯葉の季節なのに、パリって秋があっと言う間に去っていってすぐ冬になっちゃいますよね~。今年の冬の寒さはいったいどのくらいなんでしょうね~。その歌がもう頭に浮かんでいるなんて、、(笑)。
Commented by 40ansparis at 2009-11-03 05:54
RICA さん、ちょうどそうだったんですよね~!!非常に残念でした!
今度お近くにいらっしゃる時、是非教えて下さいね!
Commented by 40ansparis at 2009-11-03 05:58
こすもすさん、私の本当につたない独り言をそんな風におっしゃって頂けて、恐縮です。本当に素直に心でつぶやいている独り言なんですよ。
デッサン、哀愁帯びていますか?だとしたら嬉しいのですが、、、どちらかというと、わりと悩みもないんじゃないか位の、御気楽な印象らしいので、、、、。ということは、実物とはやっぱり違う、ということ???
Commented by celine at 2009-11-03 21:39 x
ご無沙汰しています!

フランスにも、お墓参りの日があるんですね。しかも、お供えするお花も、同じく菊なんですね。
私も、まさに、11月1日、両親の墓に参り、菊を供えてきました。
急に休みが取れたこともあり、帰郷しようと思い立ち…。

久々の帰郷は、残念ながら雨模様。
でも、そのおかげで、2日連続で、虹を見ることができました。
一回目は、実家近くの高台で。
そして、2回目は、広島の宮島に渡る連絡船の中で。
そのとき、なぜか、フランスから観光でいらしたのファミリーが隣にいらして、
“Un arc-en-ciel ! ”と感動を共有しました。

宮島には、他にも、フランス人らしき観光客を何人かお見かけし、
そんなこともあり、またパリが恋しくなっております~♪

PS
デッサン、とても素敵です~!


Commented by 40ansparis at 2009-11-04 05:35
celineさん、パリもこのToussaintの日からずっと今週は雨らしくて、毎日どんよりしとしと、な日が続いていますよ。気温も下がって12度とかになっています。広島や長崎はフランス人いらっしゃるでしょうね。学校の先生たちも、やっぱりこの広島・長崎は行ってみたい!って言っていましたから。また、いつでもおいでくださいね。待ってますよ~。
<< le soir 知らぬ間に >>