<< 出会った本 バカンスシーズン到来 >>

Festival PARIS CINEMA

c0181947_4441731.jpg

7月2日からパリでは、一回映画を観るのが5ユーロ、リミットなしのパスが25ユーロという
フェスティバル・シネマを開催中です。

パリは、よくこんな風に手軽に映画を観ることが出来るイベントを、パリ市が中心となって開催しています。
土日が、本当は観たいものがあったんだけれど、仕事だったので断念。

今日は午後2本連続でゴダールを観て来ました。
c0181947_4474946.jpg

ヌーヴェルヴァーグ時代、まさに自分が生まれた年あたりの映画です。

ヘアスタイルやファッションはもちろん違うけれど、ほとんど変わっていないパリの街並み。
もう自分には日常の風景になってきているけれど、やっぱり映像で何度見ても、パリの街並みは
モノクロが似合うし、情緒があります。ただ美しい、というのとはちょっと違う気がします。
c0181947_452181.jpg

週末には、公の場に登場するのはかなり久しぶりのJean-Pierre Leaudの舞台挨拶?もあったらしく
本当に週末にこそ、観たかったなあ。。。。

c0181947_4543426.jpg

もともと、ゴダールは北野武さんの映画と同じ匂いがする、と思ってはいたけれど、
観たことのなかった、今日観ることが出来た映画は、まさに北野映画みたいでした。

銃弾が飛び交うシーンが多いこと、突然ナイフで刺すシーンが出てきたり、血が流れたままや
血がついたままの服装で、登場人物が普通にそのままシーンを続けたり、、、、、

あり得ない場面展開や、あり得ない服装をした変な登場人物がいきなり出てきたり、シーンのカット割りも
大胆。おバカなシーンが続いても、そこにちゃんとクラシック音楽が出てきたり、政治の話が出てきたり
ちょっと知的な匂いも漂い、そしてちゃんと人生や人間への愛も感じる。。。。

ゴダールとキタノ、すごく私の個人的見解では、共通点が多くて同じ匂いがします。
二人とも、そして本当のおバカではなく、かなり知的で奇才の人。
だから万人受けするかと言うと、、、、、、、なのですが。

今週は週中は仕事だから、明日も何か観たいな~、とプログラムを観ているだけでも幸せ。
c0181947_523255.jpg

[PR]
by 40ansparis | 2009-07-06 21:43 | cinema | Comments(4)
Commented by Parisienne at 2009-07-07 06:13 x
ほんとに偶然映画館の中でばったりでしたね~。
ラパンさんに言われて、なるほどゴダールは北野映画の匂いがするね。
相変わらず、まわりの皆が笑っているところは全然笑えなかったけれど、ゴダールの映画を映画館で見れる幸せを味わっています。
週末のレオ様は、それはもう、感激で言葉にならなかったわ。
Commented by 40ansparis at 2009-07-07 06:44
Parisienne さん~!ホントに、思いがけず今日も会えて嬉しかった!
でも、仕事明けの疲れ目には、2本が限界で、帰りも目がしょぼしょぼだったの。私も、ビデオやDVDじゃなくて、映画館で観ることが出来る幸せを実感。そして先日言ってたみたいに、これにフランス語の字幕さえ付いてくれたらね(笑)!
Commented by akicosmosA at 2009-07-07 19:00
ゴダールは本当に評価の高い監督です。
北野監は影響を受けているのかもしれませんね。
北野監督の映画にも好きなものと苦手なものがありますが
観終わると切ない優しさを感じてしまいます。
Commented by 40ansparis at 2009-07-08 04:13
こすもすさん、おっしゃる通りですよね。武さんのとってもシャイなところや優しいところが映画に出てますよね。ヨーロッパの批評家たちは、当時フェリー二みたいだ、って言っていましたけれど、私はどちらかと言うとゴダールに近い気がします。でもしっかり日本の伝統文化を織り交ぜたりするところが素敵だと思います。
<< 出会った本 バカンスシーズン到来 >>