<< 夏のカフェ Je vais te manquer >>

手を振って

c0181947_618827.jpg

今年に入ってから、急にあることがよく起こるようになりました。

起こる、というよりも、それはお店の外を通りがかった常連さんが、ウインドー越しに手を振ってくれる
ようになったこと。
配達に行くレストランの厨房でシェフと話している途中に、下っ端のシェフ見習いクンが後ろで手を
振ってくれたりも。
そして、常連さんの中にも様々いて、特に嬉しく感じるのは、私がこのお店で仕事を始めた頃は
冷やかしで入ってきたり、よく聞き取れずに何度も聞き返して嫌味を言われたりした、そんな典型的な
ちょっとイジワルなパリジャンのムッシュウ、とか、同じく嫌味や意味のわからない文句?(かどうかも
不明、、、笑)を言っていた、いつも高級そうないい仕立てのスーツを着た黒人のムッシュウなどの手ごわい
ムッシュウ系。

そして今日は、うちの小学生の姪と同じくらいの、小さな可愛い常連パリジェンヌちゃんが、元気に外から
手を振ってくれました。

ホントに何事も、petit a petit(少しずつ)の積み重ねですね。


そうそう、今日いらした日本人女性のお客様が、ちょっと目を赤くしていらしたのですが、私は何も気付かない
振りをしてお会計を終えました。
すると、その方は
「今、おくりびと、観てきたんです。すごい泣いちゃって。。。」とまた話しながら目をウルウルさせてしまい
ました。
私も先日観たんですよ!と一緒に映画の話をしているうちに、また私まで目がウルウルしてしまった
ひとときでした。
[PR]
by 40ansparis | 2009-06-15 23:16 | 仕事の日 le travail | Comments(19)
Commented by マリモ at 2009-06-16 08:17 x
素敵!
なんだか魔女の宅急便みたいですね。
Commented at 2009-06-16 16:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by いっこさん at 2009-06-16 23:57 x
心温まる話、いいですね。
見知らぬ土地で自分を認識してくれる人が少しずつ増えるのはうれしいものですよね。私がようやく近所で顔なじみになったのはマッサージとクリーニングのお店くらい。。おしゃれなバーやレストランで常連として認めてもらいたいところですが、なかなか。。
Commented by melissa-aroma at 2009-06-17 01:15
ラパンさんがお店の顔になってきたということでしょうね^^
とてもいいお話です♪
そうやって少しずつ慣れていき、フランス語も上手になっていくのでしょうね。
Commented at 2009-06-17 04:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 40ansparis at 2009-06-17 06:21
マリモさん、そんな風に言って頂いて恐縮です。ありがとうございます。
手ごわいフランス人たちを相手に、少しずつ頑張ります~。
Commented by 40ansparis at 2009-06-17 06:27
いっこさん、本当に少しずつですよね。イギリス人は、もっときちんとしている印象があるけれど、フランス人は、本当に最初とっつき難いんですよね。笑顔も全然してくれなかったりしてね。
そして慣れてきたり、知ってくると、急に優しくなったりして。いっこさんもきっとそのうちにあちこちで常連さんになるでしょうね。
Commented by 40ansparis at 2009-06-17 06:29
melissaさん、本当に少しずつです。でもフランス語はまだまだですね。
そしてフランス語に関しては、まだまだ嫌味を言われたり、発音を直されたり(優しくではなくて、、笑顔なしで、、、こわ!)苦労してます。
でも焦っても仕方ないので、マイペースでやるしかない!ですネ。
Commented by 40ansparis at 2009-06-17 06:37
最初の鍵コメさま。私も似た経験あります!わかりますよ、お気持ち。
精神的に辛いことを繰り返して、精神的に自分も鍛えられますよね。
いいお話、逆にありがとうございました!
Commented by 40ansparis at 2009-06-17 06:39
鍵コメさま。そうなんですよね、フランス人って最初がすごーくとっつきにくくて、知ってくると急に笑顔を見せてくれたりして。
そして、メール送りましたので、ご覧になって下さいね!
Commented by ryu at 2009-06-17 07:06 x
本当にパリの人として異邦人とは見られなくなったんだね~。
ということはもっと洗練されて、、、、、、?
毎日少しずつの積み重ね、私も心していかなくちゃね。
Commented by 40ansparis at 2009-06-17 20:08
ryuさん、いえいえ、まだまだアジア人偏見を持っているフランス人もいますし、まだまだ手ごわいフランス人はたくさんいるので、やっと存在を認識してもらい始めた幼稚園生みたいな感じなんだと思いますよ。
Commented by akicosmosA at 2009-06-17 21:22
芍薬でしょうか?淡いピンクが綺麗ですね。

ラパンさんのお気持ちにもきっと余裕がお生まれになって
人を自然に和ませるのでしょうか♪
まだまだ、手ごわいフランス人の中で自分の居場所を確立するのは
大変なことだと思いますが人は情を解すものとゆっくりのんびりお暮らしになってくださいね。子供が笑ってくれたんですもの。
もう馴染んでいっらしゃるのですね♪
Commented by akicosmosA at 2009-06-17 21:24
下記のコメントのお返事のお言葉恐縮です。
自分ではわからないことをほめていただくのは
最高に嬉しいことですね。ありがとう~**
Commented at 2009-06-18 04:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 40ansparis at 2009-06-18 04:53
こすもすさん、そうです。自宅に芍薬のつぼみを買ってきていたのが開いたので、写真に撮りました。
自分のペースや気持ちには確かに余裕が生まれてきているのですが、この手ごわい人たちを前にすると、余裕が途端になくなる私です。。が、そこは平気な振りを装って何とか頑張っています。それも接客経験で培ってきたワザです(笑)。
Commented by 40ansparis at 2009-06-18 04:54
鍵コメさま。
不思議ですね。。。私も再度送ってみましたので、ご覧下さいね。
Commented by Parisienne at 2009-06-18 07:34 x
素敵ですね。
ラパンさんの今までの毎日の積み重ねが、少しずつ花開いてきましたね。この可憐な芍薬のように。。。
ラパンさんのお人柄が、国籍、性別、世代を超えて、伝わっているのがよくわかります。私も見習いたいな。
Commented by 40ansparis at 2009-06-19 04:57
Parisienneさん、そうだと嬉しいけれど、いつもグチを聞いてもらっているように(笑)、この手を振ってくれるようになったのは、ほんの一部のお客様で、まだまだ苦労しているのよ~~。でもほんの一部でも自分には大きな変化で嬉しいものでね。
聞いて疲れるかもしれないけれど、また聞いてね。いつも大きく包むみたいに聞いてくれてありがと~。
<< 夏のカフェ Je vais te manquer >>