<< Soleil ! salon de BIO >>

Hiroshima mon amour

c0181947_525338.jpg

デュラスのこのポッシュは、だいぶ前に読んでいたのですが、映画を観る機会にめぐまれずにいました。
再上映されているのが分かっても、そういう時に限って仕事だったりして。

先日やっと観ることが出来ました。
この映画もヌーヴェル・ヴァーグの部類に入ります。1959年の映画です。

そして何と行っても、これは原題の通り、戦後のヒロシマを舞台に日本人男性とフランス人女性の出会いを
描いたもの。
日本人俳優は、岡田英次氏。
ポッシュの表紙も映画の写真を使って、現在も販売されています。

c0181947_5284713.jpg

日仏共同映画、といってもこの時代の作品。日本からの旅行者も今のように多くはない時代。

私の興味はストーリーよりも、本で読んだダイアログを、とても素敵な当時の俳優、岡田英次氏が
若干棒読みではあるけれど(偉そうに、すみませんっ!)流暢にフランス語で台詞を言っている点です!
うーん、と唸りながら観ていました。
学生時代にでもフランス語、ちょっと学んだ方なのでしょうか?それとも、もしこの映画出演が決まった
為に、フランス語を勉強されたとしたら、すごいことです。

映画そのものは、デュラスの本同様、ちょっと乾いた淡々とした台詞と細かいカットの連続で
断片的な詩のような映画です。そして当時の広島でロケされたという昭和の香り漂う街の映像。

でも原作の方が映画よりも私は好きかな。。。
c0181947_5355564.jpg

また観る機会があったらそれでもまた観るかも。

あまり知らない日本人の俳優さんでしたが、岡田英次氏、日本人離れしたきりっとした顔立ちが素敵な
俳優さんでした。当時は人気だったでしょうね。

そして当時の邦題を調べて、またがっかり。。。。。いつも邦題には反論あり。。。
「24時間の情事」  あ~あ。
[PR]
by 40ansparis | 2009-06-11 22:23 | cinema | Comments(10)
Commented at 2009-06-12 07:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by こすもす at 2009-06-12 13:11 x
この映画も原作も知りませんが岡田英二氏は知っています。たしか語学が堪能で有名でした。特に英語は・・。
晩年は日本映画の脇役で悪人なども演じてたような・・。
よくこのような古い映画を見ることが出来ましたね。
邦題・・今でもわざと甘い題名付けていますよね。
Commented by C.C at 2009-06-12 16:18 x
はじめまして。いきなり大好きな「Hiroshima Mon Amour」の写真が出て来たので思わずコメントしております。かれこれ20年以上見てませんが、初めて見た時、岡田栄次のかっこよさにほれぼれした覚えがあります。映画の出だし、白黒の背中のクローズアップで会話が始まるのも衝撃的でした。デュラス原作というあたりもひかれた要素だったかしら・・・。こういう作品ってもう出てこないんでしょうね。邦題は初めて知ったのですが、どうも的がずれているような・・・。邦題はセンスがいいかづれてるかのどちらかですね。
Commented at 2009-06-12 16:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ebizo-ichi at 2009-06-12 17:50
こんにちは、初めまして
フランスの地方に暮らす者です
偶然こちらへやってまいりました
この映画を知りませんでしたので、
ぜひ見てみたいです
それと、下の記事のBIO のサロン、面白そうですね
パリにはいろいろあって、羨ましいです ! ! !
これからも、遊びに来させて頂きますので、
どうぞよろしくお願いいたします
Commented by 40ansparis at 2009-06-13 05:47
こすもすさん、そうでしたか、やっぱり彼は語学が堪能だったのですね。
でも英語は得意でも、そうそうフランス語までは、、、と自分の苦労した経験から(今も相当苦労していますけど、、、)思ってしまいます。
日本だと、こんな古い映画よく!と思われると思うのですけれど、パリは何故か黒澤監督や溝口監督のふるーい映画をしょっちゅう上映しているのです。だから知っているフランス人が割りと居たりするんですよ~。
週末によく上映しています。DVDではなくて、映画館で観ることが出来るという点では、贅沢ですよね。
Commented by 40ansparis at 2009-06-13 05:50
C.Cさん、はじめまして。コメント下さってありがとうございます。映画たくさん観ていらっしゃって、ブログも読み応えありますね!
先日書かれていた、ぺルセポリもパリで上映の際にすぐ観ました。
このヒロシマ・モナムールは、本で読んでいたから割とすんなりと観ることが出来たのですが、いきなり観ると、ちょっと難解な映画と思われるかもしれませんよね。ヌーヴェルバーグの映画の中でもちょっと視点が違う映画のように感じました。ストーリー性をあえて出さずに、デュラス原作らしく、乾いた感じがよく出ていると思います。またブログ、お邪魔しますね。
Commented by 40ansparis at 2009-06-13 06:08
ebizo-ichiさん、はじめまして。コメント下さってありがとうございます。
ブログにちょっと今お邪魔しました。美味しそうな写真もたくさん、そしてお店をしていらっしゃるのでしょうか?美味しいものが好きな方でしたら、先日のビオの展示会もオススメですし、5月と12月にパリである、サロン・サヴァーという食の展示会も超オススメです!出展がすべてアーティザナルなところばかりです。またお気づきの点がございましたら、是非コメントお気軽にして下さいね。私もまたゆっくりとブログ拝見させて頂きますね。
Commented by 40ansparis at 2009-06-13 06:37
鍵コメさま、はじめまして。 
私も同感です。新作よりも古い映画を探して観ていたりします。
もしブログお持ちでしたら、また鍵コメでかまいませんので、教えてくださいね。お持ちでなくても、また是非お気軽にコメントして下さいね。読んで下さってありがとうございます!
Commented by 40ansparis at 2009-06-13 06:40
鍵コメMちゃん、すごおい環境ね!今ひとりで興奮。
どちらの名前も知ってるヮ~!すごい。。。
あの、、でも私の映画の好みはかなり偏っていると思うから、こんなの好きなのね~、くらいに眺めて下さいませ。
<< Soleil ! salon de BIO >>