<< 無料新聞のおまけ choux Romanesco >>

雨の週末に想う。。。

c0181947_5122057.jpg

身近なひとが亡くなった時、心の波がいつも以上に細かく動きます。

いつも以上に敏感で不安になる自分の波動。

メトロに向かって歩きながら鼻歌を歌っていても、又はカフェで通りの人々をただ眺めてぼーっとしている
時にでも、突然心の大波は押し寄せて来たり。

その不安定さを、平穏に落ち着けるように微調整してくれるのが、意外にも私にとっては、人と接する仕事
だったのかな、、、と思う時があります。

この状態でいる時は、近い親しい人と居るのがいい時もあるけれど、より悲しくなってしまうこともあるから
何事もなかったかのように自分も振る舞い、自然に演じているのだけれど、その分、私の状況など
知るはずもないお客様に元気を頂いたりして。

これがこういった時の心を乗り越える為の、神様が私にくれた訓練だと思っています。
c0181947_5182661.jpg


Tちゃん、いつも読んでくれていてありがとう。
先日、友人が連れて行ってくれた教会に居たとき、私は美声の叔母様が歌ってくれた、アヴェ・マリアが
聞こえましたョ。
[PR]
by 40ansparis | 2009-04-18 22:10 | ひとりごと murmure | Comments(4)
Commented at 2009-04-20 18:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 40ansparis at 2009-04-21 06:00
Tちゃん、コメントありがとう。そう、私も、もうコメント何て言っていいのか書けなくて、自分のダイアリーでつぶやいてしまった。。。このバラたちの色合い、叔母様のほっぺたみたいじゃない? そしてめぐみちゃん、って呼んで下さったあの美声がいつも私を励ましてくれています。いつかゆっくり話したいね。またブログにも足跡残すからね。
Commented at 2009-04-21 09:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 40ansparis at 2009-04-22 06:14
2枚目のは、どこだったかもう思い出せないけれど、パリの街角でふとウインドーに飾ってあったのを撮ったものなの。
そう、まさにそのみんなで会えた時に、目の前でアヴェ・マリアをアカペラで歌って下さったの。そして、あの帰国の時に、どうしてるかな、っていつも思っているのよ、と言われて、きっとあれが私がブログというものを始めようと思ったきっかけなのです。(逆に親はこういう事言わないから、ね)
またブログに遊びに行くね。
<< 無料新聞のおまけ choux Romanesco >>