<< 毎日メトロは、、、 フェーヴを当てたのは >>

Les parapluies de Cherbourg

c0181947_1563311.jpg

偶然、最近頭の中で流れていたのがシェルブールの雨傘の曲だったのです。。。

そして今日、再上映とお休みがようやく合ったので、観てきました。
何年ぶりでしょうか?

20代の頃から数えて、何度観たかな、、、。
既にわかりきったストーリーなのですが、何度観てもボロボロと泣いてしまう私。
ふたつ置いて隣の席に座っていたムッシュウも何度も手で頬の涙をぬぐっていました。

20代の頃はシンプルにうっとりとメロドラマとして泣いて観ました。
どの映画も本も、その年代によって感じ方が変わるのは当然だけれど、まずは前編フランス語
頭で理解して、あらためて台詞や歌詞が切なく素敵だなあ、と感じました。

前編ミュージカル仕立てなので、台詞も曲に載せてあり、ゆっくりで分かるし、誰もが知って
いるこの有名な曲もフランス語の歌詞がとっても切なくますます泣けました。

カラー使いがやっぱり大好きな60年代の映画らしくフランスだなあ、と思ったり、ミュージカル
といってもベースがジャズだったり、食事はやっぱりフランスって質素だなあと思ったり。
若いときには感じなかったことも見つけたりして。

カトリーヌ・ドヌーヴはサンジェルマン界隈で一度見かけたことがあります。
もう最近の貫禄がついている彼女を。
今も綺麗なひとだけれど、やっぱり若いときはこんなに可憐なひとだったのね、と
あらためて観ました。
何と言ってもやっぱりこの名曲のおかげで不滅の名作になっているように思います。

観たあとも、もちろん私の頭の中はこの曲だけがずっと流れ続けています。
今週は少なくともこの曲が流れ続けるでしょう。。。。
[PR]
by 40ansparis | 2009-01-06 20:54 | cinema | Comments(6)
Commented by chefsakata at 2009-01-07 16:22 x
こんにちわ~ 懐かしい映画が 雨傘の響きが パラプリュイになると
ちょっと興ざめだねとアテネフランセで覚えたての 単語をクラスメートと
そんな話をしたのを 思い出しました~ ずーーーーーーーっと
はるか昔のお話ですが(笑)
Commented at 2009-01-07 20:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 40ansparis at 2009-01-08 07:34
シェフもアテネ・フランセに通っていたのですね!私もアテネだったのです。仕事しながらだったので、今思えば、行っては忘れて、1歩進んで3歩くらい下がってばかりいたように思います。
発音がパガプリってなるから、なおさら変な感じですよね、笑。
Commented by 40ansparis at 2009-01-08 07:38
サンクちゃん、了解です。
ラミジャンなら一本向こうだから、よろよろになりながらも(笑)合流させて
もらいます~。今年の喉の乾燥は手ごわいよね~。
大事にね~。ではでは~。
Commented by ryu at 2009-05-04 22:13 x
私も東京で見ましたよ。
私の頭の中では最初から最後まで全部音楽と画面がシンクロしてます。ミュージカル嫌いなのにこれだけは別!
Commented by 40ansparis at 2009-05-05 05:42
ryu さんも観たの~!?何だか嬉しいなあ。。この音楽、本当に名曲ですよね。この監督、ジャック・デミの奥さまであるアニエス・ヴァルダっていう写真家兼監督の人生を語った映画も今年フランスで公開されて、すごくよくて3回も観ました。
<< 毎日メトロは、、、 フェーヴを当てたのは >>